未就学児のママ向け

トイレのトレーニングって難しい?順調に進める方法とは?

子供のトイレのトレーニングが完了
するまで半年以上がかかって
悩まされました。
 

最近までトイレのトレーニングをしていた
ママ友に聞いてみるとすぐ終わったというのです。

その子は、最初は、トイレを嫌がっていた
のですが、お友達がトイレに行くのを見て
トイレに行くようになりました。

 
トイレのトレーニングをしていたころが
懐かしく思ったのでその方法

もっと詳しく聞くことにしたのです。

トイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングを始めようとした時に
何を準備すればいいのか、どうすれば
子供がやる気を出してくれるか

わかりませんよね。そこで始めどきや
トイレに行くタイミング、上手くいく
ポイント
などを紹介したいと思います。
 

トイレトレーニングはいつから?

一般的に2~3歳ごろに
トイレトレーニングを完了させるのが
目安となっています。

無理やりトイレトレーニング
始めようとすると子供が嫌がりますし、
ママもストレスが溜まってしまうので

子供のペースに合わせて
行いましょう。

スポンサーリンク

トイレトレーニングの方法

トイレトレーニングを始めるには、
トイレへ連れていくことや
意欲を高めてあげることが大切です。

楽しく行うことでト上手くいきます。
そこでトイレトレーニングを行うために
必要なものや準備するものがあります。

準備するもの

準備するものは、トレーニングパンツや
布パンツです。はじめのうちは、
漏らすことがあるので多めに用意します。

 

他には、おまるやステップ付きの
補助便座を用意するといいでしょう。

次に紹介してるような、キャラクター物や
音がなるおまるにするとトイレトレーニングが
楽しくなりますよ。

トイレトレーニングのやり方

トイレトレーニングをするときに
スムーズに進めるために、

おしっこやウンチを認識させたり、
生活リズムの筋目にトイレに行く、
トイレの回数を増やす、

トレーニングパンツをはく、自分で
おしっこといえるようにするです。

おしっこやウンチを認識させる方法

おしっこやウンチをしておむつを
交換するときに「すっきりしたね」と
声をかけることや

トイレのお話の絵本やDVDを見せて
トイレはおしっこやウンチをする所
というのを認識させます。

 

トイレやおまるに興味を持たせる方法

パパかママがトイレに行くときに一緒に
トイレに連れていておしっこをしているのを
見せてトイレに慣れさせます。

他には、ぬいぐるみをおまるに座らせて
トイレごっこをしておしっこの練習をします。

生活リズムの筋目にトイレに行く

おむつが外れてきたら、トイレに行きます。
朝起きた時や食事の後などトイレに
連れて行ってください。

子供のおしっこの感覚がわかるように
なってきたらそのタイミングでトイレに
一緒に行きます。

この時おしっこが出なくても、トイレに
行くこと
に意味があるので習慣づけましょう。

 

トイレに誘う回数を多くする

トイレでおしっこをすることが何回も
できるようになったら少しずつ回数を
多くします。

約2時間おきに「トイレに行こう」と
声をかけましょう。もし失敗しても
怒らずに励ましてあげてください。

 

トレーニングパンツかパンツをはかせる

少しずつトイレでおしっこができるようになったら
トレーニングパンツやパンツをはかせます。

トレーニングパンツは、おしっこ1回分くらいを
吸収することができるものです。

普通のパンツもおしっこが出たことが
わかりやすいですし、洗濯しやすい
言われています。

パンツが濡れて不快に感じることを
覚えるとトイレでした方が気持ちいい
思うようになります。
 

トイレトレーニングが上手くいくポイント

トイレトレーニングは、長期戦です。
短期間で完了する子や時間がかかって
しまう子もいます。

パパやママが焦ってしまうと
子供にとってプレッシャーになり
ストレスをためてしまいます。

「おしっこでないの?」とは言わずに
子供のペースに合わせてトイレトレーニング
意識させないようにしてあげましょう。

またできなくても怒ってはいけません。
今まではおむつをつけていたのですぐには
トイレでおしっこはできませんよね。

そんな時に「なんでできないの?」と
言ってしまうと子供は委縮してしまいます。
ですので怒らないで見守ってあげましょう。

順調に進める方法

トイレでおしっこができたらシールを貼らせて
あげたりお菓子などご褒美を上げる方法があります。

ご褒美の他に一緒に新しいパンツ
買いに行くこともおすすめです。

子どもの好きなキャラクターや絵を
選ばせたりすることもいいですね。

 

まとめ

トイレトレーニングをしているときに
カレンダーにシールを貼ることで
やる気を出させていました。

その日によってシールの量が違いますが、
次の日はたくさん貼ろうねと励ましていたのを
覚えています。

おむつをパンパンにして怒ってしまった
こともあったのでもう少し子供のペース
合わせてあげたかったと思いました。

 
今では一人でトイレに行くようになったので
あの頃が懐かしいです。まだ夜はおしっこを
してしまうので、

夜もパンツだけで安心してで眠れるように
したいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

himi

このブログはママ数名で作っています。 今までの経験がこれからのママの役に立てればと書いています。

よんでほしい記事

1

時々、仕事でお邪魔する保育園さん。 先日寄ったときは、ちょうど、お昼寝タイムでした。 みんなスヤスヤ。 気持ちよさそうです。   子供たちの寝顔とは反対に、 先生の顔は少し浮かない。 お昼寝 ...

2

夏に5ヶ月になる息子をベビーカーに 乗せ、3歳の上の娘と一緒に公園に出かけました。   日差しが気になったので、日焼け止め クリームを塗って行ったのですが、 公園から帰るころに、息子の脚が赤 ...

3

子供が赤ちゃんの頃 夜中に泣いて何度も起こされました。 その度に授乳をしたり、 抱っこして子守唄を歌って 寝かしつけていました。   すんなり寝てくれることもありますが、 なかなか寝てくれな ...

-未就学児のママ向け
-,

© 2021 赤ちゃんから大きな子供まで!ママの玉手箱