中高生のママ向け

子どもを海外留学させたい!奨学金は高校でももらえるの?

私の小学生の甥っ子が、
英語塾に通っています。

 
今は、楽しく通っていて
親としては、今後、
海外留学をさせたいそうです。

その時期は、感受性が豊か
留学したことが、大きな経験となり
後の人生にも影響を及ぼせる、
高校生ぐらいを、考えているそうです。

 

まだ、先のことではあるけど
情報だけでも知っておきたい、というので

同じ小学生の子どもがいる私も、
世の中の英語熱に、影響を受けざるをえず(苦笑)

いろいろ費用が、かさみそうですが
高校生の留学に、奨学金制度があるか
調べてみました。

奨学金制度は?

少し前までは、高校留学に対する
奨学金制度は、少なかったようですが、

今年の2015年から、文部科学省が
「トビタテ!留学JAPAN」の中で
高校生留学の支援が、スタートしました。

 
官民協働のもとで、留学促進キャンペーンを打ち、
日本と世界で、活躍できる人材を育てようと
しているのですね。

資金は民間企業からの支援、寄付から出るようです。

 

この支援内容は、

  • 奨学金…7~42万円。渡航先や期間により異なる。
  • 事前・事後研修参加費…国内旅費の一部。
    在籍校の所在地により異なる。1都3県は対象外。
  • 渡航費…アジア地域10万円、その他20万円
  • 授業料…上限30万円
  • 募集人数…300名

と、なっています。

もちろん、面接などの選抜はあります。

 

留学先の受け入れ機関の手配などは、
学校側や、生徒が行うようです。

留学期間は、14日以上~3か月未満が対象とのこと。
短期留学に絞っているのですね。

詳細は…
http://www.tobitate.mext.go.jp/hs/index.html

 

実はこのほかにも、
「高校生の留学等を通じたグローバル人材
育成のための取組」
が、国費で行なわれています。

 
留学支援金の名目で、

●長期(1年間)30万円×300人 
 学校や団体による海外派遣プログラムに参加、
 または個人留学対象。

●短期(2週間以上1年未満)10万円×1300人
 学校単位での応募。

と、募集人数も多いです。

 
詳細は…文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/
ryugaku/koukousei/1323960.htm

スポンサーリンク

留学費用はどのくらい?

高校生の留学を支援する団体、会社は、
多数あるのですが、団体に絞って
ピックアップ
してみました。

  • 一般社団法人WYS教育交流日本協会 
    http://www.wys.gr.jp/
  • 公益財団法人AFS日本協会 
    http://www.afs.or.jp/
    一律20万円のプログラム参加費支援あり。
  • 公益財団法人YFU国際交流
    http://www.yfu.or.jp/index.cgi
  • 米国非営利教育法人アユサインターナショナル
    http://www.ayusajapan.org/
    アユサ奨学金あり。

留学先をアメリカにした場合、
これらの団体の留学費用
おおよそ、

短期(2週間)プログラム費用…40万円前後
  (4週間)プログラム費用…80万円前後 
長期(1学年間/10か月)プログラム費用…150万円~

※プログラム費用…授業料や研修費、寮・ホームステイ

このほかに、パスポート取得費用、
現地までの航空運賃や、現地の見学旅行費用(任意)、
お小遣いや、外出時の食事代は、別途かかります。

 

団体が主催する留学は、選抜試験に合格すると
上記の費用で参加できます。

これに「トビタテ!留学JAPAN」の選抜に受かれば、
負担が減りそうですが、ざっと試算してみますね。

 

例として、アメリカに短期留学(4週間)として
「トビタテ!留学JAPAN」の支援を受けた場合。

奨学金14万+授業料10万=24万
とすると、
プログラム費用80万-支援24万=56万

※奨学金と授業料は、
 単純に90日で割り、30日かけたもの。
 あくまでも目安として考えてください。

56万円が自己負担になりそうです。
思ったより、大きい金額ですね。

 
都道府県ではなく、市単位で留学支援している
ところもあるので、住んでいる地域でも
調べておくといいです。

 
なお、すべて私費留学にすると、
プログラム費用は短期の場合、

20万程度~アップ、
長期になると、倍近い金額になるので、
親の負担も大きいです。

さいごに

留学は英語など、言語を学ぶだけでなく、
文化の違いを理解し、交流していく経験から
人間的にも成長すると言われています。

 
実際に、2週間程度の留学でも、
授業や現地の高校生と交流した結果、
リスニング力がアップした、と実感するようです。

将来の目標が明確になり、
帰国後の勉強にも、真剣になったなど
得るところも多いとのこと。

 

さきほどの、甥っ子の親は、
市の姉妹都市の交流事業の中で、

2週間の短期留学の、高校生選抜試験に合格し
アメリカに行った経験があります。

 
実際に負担した費用は、10万円ほどでした。

その後の進路は、大学進学後、
航空会社の客室乗務員、
外資系企業の部長秘書を勤務し、
今は主婦に、おさまっています(^^;

費用を伝えたら、
奨学金も、全額出るわけではないとわかり
今から資金を貯めるわ~、と苦笑いしていました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

himi

このブログはママ数名で作っています。 今までの経験がこれからのママの役に立てればと書いています。

よんでほしい記事

1

時々、仕事でお邪魔する保育園さん。 先日寄ったときは、ちょうど、お昼寝タイムでした。 みんなスヤスヤ。 気持ちよさそうです。   子供たちの寝顔とは反対に、 先生の顔は少し浮かない。 お昼寝 ...

2

夏に5ヶ月になる息子をベビーカーに 乗せ、3歳の上の娘と一緒に公園に出かけました。   日差しが気になったので、日焼け止め クリームを塗って行ったのですが、 公園から帰るころに、息子の脚が赤 ...

3

子供が赤ちゃんの頃 夜中に泣いて何度も起こされました。 その度に授乳をしたり、 抱っこして子守唄を歌って 寝かしつけていました。   すんなり寝てくれることもありますが、 なかなか寝てくれな ...

-中高生のママ向け
-, ,

© 2021 赤ちゃんから大きな子供まで!ママの玉手箱