中高生のママ向け 小学生のママ向け

ハーモニカの練習が騒音に?防音対策ならこの方法!

中学校の文化祭で、息子が
ハーモニカを吹くことになりました。

息子「お母さん、ハーモニカの
  練習したいんだけど、お家で
  練習してかまわない?」

私「そうよね、上達するためには
 練習が必要よね。」

音楽好きな息子が、ハーモニカを
担当するのはすごくうれしいのです。

 
でもハーモニカは結構な音がでるので、
マンションの両隣りのお宅にとっては、
騒音になるのが心配です。

息子の発表会は楽しみなのですが、
練習はどうしたらいいのでしょうか?

 
困り果てた私は、息子の先輩の
お母さんであるA子さんに、
相談に行くことにしました。

A子さんの息子さんも去年、
文化祭で楽器を担当しています。

ハーモニカの騒音対策

A子「うちの息子も、去年
  ピアノを担当したけど、
  楽器の音ってかなり響くのよ。

  家で練習するなら、徹底的に
  防音対策をする必要があるわ。」

 

お家の防音対策

A子「まずは外に楽器の音が漏れないように、
  家の中の防音対策をしましょう。」

  • 防音壁
  • 専門的な工事をしなくても、
    簡単に設置できる防音ボードも、
    売られています。

    石膏やガラス繊維製のものが多く、
    カットするだけで壁に設置できます。

    1m×1m程度の大きさで1~2万円と、
    費用もそれほどかからないので、
    気軽に取り付けられます。

     

  • 防音カーテン
  • 楽器から放たれた音は空気を振動させ、
    音波となって伝わります。

    これを空気伝搬音と呼んでいます。。

    空気伝搬音は、カーテンで窓を覆うことで
    ある程度防ぐことができます。

    防音カーテンなら、楽器の音を
    70%ほどカットしてくれる効果が、
    期待できます。

    できるだけピッタリと、窓を
    覆うようにつりさげることで、
    遮音効果が高まります。

     

  • 粘着遮音テープ
  • 玄関やドアや窓の隙間などを、
    シールで防ぐことで、楽器の音が
    外に漏れるのを減らすことができます。

    合成ゴムやウレタンなど、
    いろいろな材質のものがあります。

    テープシールをカットして、
    貼りたい場所に貼り付けて、
    使用するだけです。

スポンサーリンク

外で練習する方法

A子は他の方法についても、
説明してくれました。

A子「防音対策をしても、すべての音を
  シャットアウトできるわけではないわ。

  後は外で練習するしかないの。

  例えば広い公園河原などなら、
  いくら練習しても大丈夫よ。

  雨の時はカラオケに連れて行ったり、
  車の中で練習したこともあるの。

  そうそうハーモニカを、
  タオルに包んで吹くと、
  消音になるのでためしてみて。」

まとめ

A子のアドバイスの通り、
ハーモニカの音が外に響かないように、
家の中は徹底的に防音対策をしました。

それでも万一音が響くといけないので、
両隣には事情を話して、ひとこと
お詫びを入れておきました。

なるべく外で練習するよう心がけ、
時には車で練習したこともあったほどです。

こうした努力が実り、文化祭で
優秀な成績を収めることができました。

まもなく卒業しますが、本当に
良い思い出ができたと思っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

himi

このブログはママ数名で作っています。 今までの経験がこれからのママの役に立てればと書いています。

よんでほしい記事

1

時々、仕事でお邪魔する保育園さん。 先日寄ったときは、ちょうど、お昼寝タイムでした。 みんなスヤスヤ。 気持ちよさそうです。   子供たちの寝顔とは反対に、 先生の顔は少し浮かない。 お昼寝 ...

2

夏に5ヶ月になる息子をベビーカーに 乗せ、3歳の上の娘と一緒に公園に出かけました。   日差しが気になったので、日焼け止め クリームを塗って行ったのですが、 公園から帰るころに、息子の脚が赤 ...

3

子供が赤ちゃんの頃 夜中に泣いて何度も起こされました。 その度に授乳をしたり、 抱っこして子守唄を歌って 寝かしつけていました。   すんなり寝てくれることもありますが、 なかなか寝てくれな ...

-中高生のママ向け, 小学生のママ向け
-, ,

© 2021 赤ちゃんから大きな子供まで!ママの玉手箱