未就学児のママ向け 赤ちゃんのママ向け

ママ友トラブル!図々しいママ友の対処法!

子供の病気や、ケガなどのトラブルに
かよっている園や学校の、行事などへの対応…

ママっていろいろ、大変ですよね!

 
そんな時に、情報交換できるママ友は頼もしいもの!
できれば、ママ友は欲しいですよね。

 

でも、せっかくママ友になったはいいけれど
トラブルに発展してしまいやすいのも、ママ友の特徴。

最初のうちは、仲良くできる気がしたけど
なんかあのママ、最近、図々しくない?
なんて、思っていたりしませんか?

 
そんな図々しいママ友への対処法、ご紹介します!

迷惑ママに負けない三つの方法

最初は普通の人に見えても、徐々に
図々しい本性をあわらしてくるのが、迷惑ママです。

 

  • ついでに車に乗せて、あれをやって、これをやって
    と、あなたを便利に使おうとする、便乗ママ
  • お菓子や服やおもちゃに、ちょうだい!を連発して
    何でももらおうとする、くれくれママ。
  • 子供をあなたに押し付けて、長時間迎えに来ない
    託児所替わりにあなたを使おうとする、押し付けママ。
  • ママ友を引きつれておしかけて、ファミレスがわり
    あなたの家を使おうとする、押しかけママ。

など、そんな迷惑ママが近くにいると
煩わしい上に、精神的なダメージ大!ですよね…

 
こんなママ友に振り回されて、気づかないうちに
ストレスをためないように、以下の3つの対処法で
図々しい迷惑ママを撃退しましょう!

スポンサーリンク

同等のものを要求する

迷惑ママは、自分が便利だから、得をしたいから
あなたを、便利に利用しようとしてきます。

そこで、あなたもママ友に
同等のものを、要求してみましょう。

 
車に乗せて、とか、子供を預かって、というママ友には
ガソリン代や、子供のお菓子代などの実費はもちろん
労力に対するお礼の品物も、要求する。

家に来たがるママ友グループには
次は○○さんの家でやりましょうよ!と
別のママの家で集まる事を、提案する。

何でも欲しがるママ友には
欲しがったものと同じくらいの値段の物を
かわりにもらうか、代金を請求する。

 

もしそんなあなたの対応を、ママ友から
がめつい、とか、思いやりがない、と言われても
躊躇する必要、ありません!

だってこれって、当たり前の事ですよね。
普通は、お世話になる方が、自分から申し出るべきこと!

図々しいママ友たちのペースに乗せられて
あなたが一方的に我慢する必要なんて、ないんです!
対等な関係を、築きましょう!

 

断わる

いくらやんわり断ってみてもしつこくて…

そんな時は、拒絶の意志が相手に伝わっていないのかも。
はっきりとした言葉で、断りましょう。

 
向こうが、何度しつこくお願いしてきても
ダメ、無理、ごめんね、と
はっきりとした断りの言葉を、繰り返す事で

ホントにダメなんだ…と
わかってもらえることも、多いです。

 
今後の付き合いのために、関係の悪化を避けたくて
どうしても強い拒絶はしにくい…という時には
理由を添えて、できない、と言うとソフトになります。

 

例えばママ友グループには

ご近所の人に、最近騒々しいって叱られちゃったから
しばらくは、家にお招きできないの。

なんていうと、角も立たず、諦めてもらえます。

 
ソフトに断りたい場合でも、言葉を濁さず
できない、という拒絶は、はっきりと告げましょう。

そして、一度した拒絶は、撤回しないこと!

しつこさに負けて、拒絶を撤回すると
頼めば何でも許してくれる、お人よしのママ、と思われ
今後も付け込まれてしまいます!

しつこさに負けずに、一度した拒絶は貫きましょう!

 

距離を置く

やっぱり、苦手なママ友とは親しくしないのが一番。
できるだけ距離を置くようにしましょう。

ただ、家が近所だったり、子供同士が仲良しだったり
距離を置くと言っても、なかなか難しいですよね。

 
迷惑だとはっきり言って、すっぱり距離を置く!
ということが、難しい人は

体調が悪いとか、習い事を始めた、とか
姑が家に遊びに来る予定がある、など

理由は、何でもいいので
忙しさを装って、徐々に付き合いを減らすようにし
ゆっくりフェードアウトすると、成功しやすいですよ。

 
また、迷惑ママが苦手なタイプの人と、仲良くする
というのも、手段としては有効です。
迷惑ママの方から、あなたを避けだすかもしれません!

 

最後に

図々しいママ友って、ホントに煩わしいですよね!
そんなママ友を寄せ付けないためには

  • ママ友同士での物の貸し借りは、絶対にしない
  • 頼まれごとに、簡単に返事をしない
  • 頼みごとをする時は、慎重になる

といった日々の心がけも、大事です。

 

ママ友とは、一生の付き合いではありません。
子供の成長と共に、出会ったり別れたりするもの。

その時限りのドライな関係なのだと割り切って
少し距離を置いて付き合う、というスタンスの方が
トラブルを呼び込みにくいです。

ママ友とは、程よい距離感で付き合いたいですね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

himi

このブログはママ数名で作っています。 今までの経験がこれからのママの役に立てればと書いています。

よんでほしい記事

1

時々、仕事でお邪魔する保育園さん。 先日寄ったときは、ちょうど、お昼寝タイムでした。 みんなスヤスヤ。 気持ちよさそうです。   子供たちの寝顔とは反対に、 先生の顔は少し浮かない。 お昼寝 ...

2

夏に5ヶ月になる息子をベビーカーに 乗せ、3歳の上の娘と一緒に公園に出かけました。   日差しが気になったので、日焼け止め クリームを塗って行ったのですが、 公園から帰るころに、息子の脚が赤 ...

3

子供が赤ちゃんの頃 夜中に泣いて何度も起こされました。 その度に授乳をしたり、 抱っこして子守唄を歌って 寝かしつけていました。   すんなり寝てくれることもありますが、 なかなか寝てくれな ...

-未就学児のママ向け, 赤ちゃんのママ向け
-, ,

© 2021 赤ちゃんから大きな子供まで!ママの玉手箱