未就学児のママ向け

幼稚園のお弁当!キャラ弁じゃなくても可愛く見える方法は?

幼稚園や保育園に通わせているママさん
お弁当の日って、どうしてますか?

 

最近、雑誌やネットでは
キャラ弁が、すっごくはやってますよね…!

確かに、あんなキャラ弁を作れたら
子供は絶対、喜ぶはず!
自分の子にもぜひ作ってあげたい…!

とは思っても、キャラ弁って、難しくないですか!?

子供を幼稚園や保育園に通わせている
ママさんたちの中には、キャラ弁づくりに
ストレスを感じている人、多いみたいです。

実は私も、子供を保育園に通わせていた時
キャラ弁問題で、非常に頭を悩ませました…!

でも、どう頑張っても無理だったんです。
だって不器用なんだもの!

でも、キャラ弁が作れなくたって
子供には可愛いお弁当を持たせてあげたい…
そんなママ、私だけじゃないと思います…!

そこで今回は、キャラ弁以外で
お弁当を可愛く作る方法を紹介します!

 

キャラ弁じゃなくても可愛くできる!

キャラ弁にこだわらなくても
じゅうぶん、可愛いお弁当ってできるんです!

細かい作業が苦手なママさんでも
気軽にできるテクニック、紹介していきますね!

スポンサーリンク

カップで華やかに

お弁当を作る時、おかずの仕切りに
カップを使っている人、多いと思います。

このカップ、ちょっと前までは
銀色のカップが一般的でしたが

最近では
カラフルなカップが、たくさん売っています。

水玉や星柄、ストライプに小花柄など
カップの色や柄を、カラフルなものにかえるだけで
お弁当がぐっとポップな雰囲気になりますよ!

 

ピックで遊んでみる

お弁当を作る時、ピックは活用していますか?

ピックとは、ゆで卵やウィンナーが
食べやすいように、刺して使ったり

または、アスパラのベーコン巻などが
バラバラになってしまわないように
留めておくときなどに使います。

これを、爪楊枝でまにあわせている人、多いですが
爪楊枝をプラスチックのピックに変えるだけで
可愛いお弁当に変身させる事が出来ちゃいます。

ひよ子やウサギ、猫やカエル
それに、車や飛行機のピックなど

スーパーや、百均などでは
いろいろな形のピックが、売られています。

子供の好みに合わせたピックを選んで、刺すだけで
子供を笑顔にするお弁当が、簡単に作れちゃいますよ!

 

野菜を型抜きで抜いてみる

野菜って、どうやってお弁当に入れてますか?
手軽だから、いつもブロッコリーとプチトマトだけ…
なんていう人は、型抜きを使ってみましょう!

カボチャやニンジン、サツマイモなどを
型抜きで抜いてから、ゆでるだけで

簡単に、星型や花型、鳥型などの
カラフルな温野菜ができちゃいます!

そんな可愛い野菜なら、野菜嫌いな子も
進んで食べてくれるかもしれません!

 

超簡単、タコさんウィンナー!

タコさんウィンナーって、お弁当の定番ですが
うまくできない…と悩んでいる人も多いですよね。

タコさんウィンナーの足を切るときは
まず、ウィンナーの片端を、全体の3分の2の辺りまで
包丁で十字に切り込みを入れましょう。

 
そうすると、四本足ができますよね?
その四本足を、一本ずつ、包丁で半分に切ると
うまく八本足ができます。

そうして足の切り込みを入れたウィンナーを
弱火で、コロコロ焼いていきましょう。
火が通ると、タコの様に足が開きますよ♪

最後に、ゴマを差し込んで目をつければ、完成です!
可愛いピックを刺せば、より華やかになりますよ

 

ふりかけでカラフルに

ふりかけも、可愛いお弁当の定番です!
お弁当箱に詰めたご飯に、ただかけるだけでもいいですが

ふりかけを、ご飯とよく混ぜ合わせてから
お弁当箱に詰めるだけで、ぱっと全体が華やぎます。
 

最近では、ご飯に混ぜる専用のふりかけ
たくさん売られていますので、一度試してみてください!

063708-300x300

まとめ

キャラ弁を作るには不器用すぎた私も
上記のピックやカップを活用して
お弁当の日を無事、乗り切りました!

キャラ弁を作るより、全然手軽なのに
子供も「ママのお弁当可愛い」と喜んでくれたし

いろんな種類があるピックやカップを
お店で選ぶのも、すごく楽しかったです♪

 
キャラ弁を作る自信が無い…
というママさん、ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

himi

このブログはママ数名で作っています。 今までの経験がこれからのママの役に立てればと書いています。

よんでほしい記事

1

時々、仕事でお邪魔する保育園さん。 先日寄ったときは、ちょうど、お昼寝タイムでした。 みんなスヤスヤ。 気持ちよさそうです。   子供たちの寝顔とは反対に、 先生の顔は少し浮かない。 お昼寝 ...

2

夏に5ヶ月になる息子をベビーカーに 乗せ、3歳の上の娘と一緒に公園に出かけました。   日差しが気になったので、日焼け止め クリームを塗って行ったのですが、 公園から帰るころに、息子の脚が赤 ...

3

子供が赤ちゃんの頃 夜中に泣いて何度も起こされました。 その度に授乳をしたり、 抱っこして子守唄を歌って 寝かしつけていました。   すんなり寝てくれることもありますが、 なかなか寝てくれな ...

-未就学児のママ向け
-

© 2021 赤ちゃんから大きな子供まで!ママの玉手箱