赤ちゃんに虫歯はうつる!いつから注意が必要?

   

スポンサーリンク

現在小学6年生の息子の歯は、数か月前にすべて永久歯に生え変わりました。今でこそ虫歯の治療に行くこともなくなり、歯医者さんのお世話になることもなくなりましたが、乳歯の頃は虫歯に悩まされました。

当時を思い返すと、初めての子供だった上の娘の時のようにちゃんと仕上げ磨きもしてあげていたかどうか、正直なところ手抜きしていたことも否めません。

それに比べて、上の娘はほとんど虫歯になったことがありません。保育園の頃に1度虫歯を治療しただけで、高校生になった今でも健康な歯を保っています。歯磨きをせずに寝てしまうこともあるのに、虫歯にならないなんて不思議でなりません。

子供が虫歯になりやすいのには、赤ちゃんの頃に虫歯がうつったから、と聞いたこともありますが、実際はどうなんでしょうか?虫歯って、いつからうつるようになるんでしょう?

スポンサーリンク

厄介な虫歯について調べてみましたよ。

赤ちゃんには虫歯はいつからうつるもの?

虫歯とは、唾液などを介して虫歯菌が感染して起こる病気です。歯の表面に住み着いている虫歯菌が、食べ物の糖分や時間を得て歯を侵食して虫歯にしていきます。

 
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌は存在していません。しかし、大人の口の中に定着している虫歯菌が赤ちゃんの口の中に入ってしまうと、赤ちゃんにも感染してしまいます。

赤ちゃんへの虫歯菌感染の経路で一番多いのが、家庭内での行動と言われています。大人から赤ちゃんへ、キスは愛情表現ではありますが虫歯の感染のリスクは高い行動となります。

 
また、大人が使ったスプーンを使って赤ちゃんの口に入れて食べさせたりするのもよくありません。もちろん、虫歯菌に感染したからと言って全ての人が虫歯になる訳ではなく、だからこそ歯磨きをして虫歯菌の栄養となる食べかすを除去することが大事なんですね。

スポンサーリンク

生後いつから虫歯に感染する?

虫歯菌は、人の歯の表面に住み着き定着するので、歯の生えてくれば虫歯菌がうつる可能性が増えてきます。

 
赤ちゃんの歯は、大体生後6ヶ月頃に下の前歯が生え出してきて、1歳半ぐらいに奥歯が生え2歳半ぐらいまでには乳歯が生えそろうようになります。赤ちゃんの口の中では、2年ほどゆっくりと時間をかけて歯が生えてくるんですね。

歯が生えてくるこの時期、生後1歳7か月~2歳7か月の間は、特に虫歯菌がうつるとされています。また、この時期に虫歯菌に感染することがなければ、その後も虫歯になりにくいとも言われているのです。

どうしてこの時期だけ虫歯がうつるのか?

この時期には、赤ちゃんの口の中の環境も外部からの侵入を受け入れやすい体勢になっています。赤ちゃんはこの時期に様々な細菌と出会い、口の中に定着させることで赤ちゃんそれぞれの細菌パターンを作っていきます。

このように口内細菌の定着を行う1歳7か月~2歳7か月の間は、「感染の窓」と言われる時期で、赤ちゃんの口の中は様々な変化が起こっているんです。
 

しかも、この限られた時期に口の中に定着できる細菌は、椅子取りゲームのようになっています。善玉菌が定着すれば悪玉菌が定着しにくくなるという状態になっているんです。

虫歯菌が口の中にどれだけの割合で定着してしまうのかは、1歳7か月~2歳7か月の間に決まります。よって、その後に虫歯菌が侵入してきたとしても、口の中に定着することは少ないんです。
 

歯の生え方の個人差もあるので、3歳頃までは赤ちゃんに同じ箸やスプーンで食べさせたり、キスなど、大人の唾液が赤ちゃんの口の中に入るようなスキンシップは控えるようにした方がいいですね。

まとめ

我が家の子供たちを見ていても、姉の方は初めての子供と言うこともあって、歯のこと以外にも色々ときっちりとやっていたのでしょうが、弟の方は上の子で経験した中の必要な分だけ要領よく適当になっていたんだろうな、と思います。

歯に関しては、手抜きはしちゃいけませんね。よくよく成長した後に虫歯に悩まされるのは嫌ですもんね。でも、もし虫歯菌がうつってしまっていても、どんな場面でもすぐに虫歯になる訳ではないんです。

虫歯菌のえさになる食べかすを分解する時に出る酸が、歯を溶かすために虫歯になります。食べかすを長い時間放置しておかないことが虫歯予防のポイントです。

やっぱり食事の後の歯磨きはだいじなんですね。当たり前のように言われていることでも、なかなか続けてできないものですが、これからも歯磨きはするように子供たちには言っていきたいと思います。

スポンサーリンク

 - 未就学児のママ向け, 赤ちゃんのママ向け ,