子供におすすめの英語の歌とは?歌詞見ないで歌ってみよう!

      2018/04/22

スポンサーリンク

この間、英語教室の体験に行った時の話です。先生と一緒にABCの歌やきらきら星などを歌っていて楽しそうにしていました。

家に帰ってからもABCの歌を歌っていて、音楽をかけてあげると喜んで歌っていたのです。他にも英語の歌を幾つかかけると口付さんでいました。

英語を話せるようにするために英語の歌を聞かせる人が多いとネットに書いてあったので子供におすすめの英語の歌はないかと思い、歌詞も一緒に調べてみることにしました。

スポンサーリンク

子供に英語の歌を聞かせたい

英語を話せるようにしたいと思うママさんは、子供に英語の歌をきかせますよね。子供は聞こえた音をそのまま発音しようとします。

歌いながら英語を覚えることは、楽しいですし、リスニング力や発音が身につきますね。子供は歌ったり、リズムに乗るのが好きです。

繰り返し歌うことで歌を全部覚えていつの間にか最後まで歌えるようになっているかもしれません。全部歌う英語の歌は明るい曲がたくさんあるので楽しみながら歌うことができます。

 
大人が英語の歌を聞くとき、歌詞と日本語訳を照らし合わせながらやりませんか。子供は、ただ曲を繰り返し流して口ずさむうちにだんだん頭に入ってくるのです。

そして手遊び歌のように体を動かすことで楽しんで歌うことができますし、親子で行うことができるので嬉しいですね。

スポンサーリンク

童謡を歌おう!

子供に英語の歌を聴かせる場合は、童謡から始めてみましょう。童謡は、日本の歌にもあるとおり、英語の歌にもあります。

中でも有名なのがマザーグースと呼ばれる子供のしつけや子守唄に歌われているものがあるのです。

 
そんな童謡ですが、日本語で歌われてよく知られている「キラキラ星」や体を動かして歌う「幸せなら手を叩こう」、動物の鳴き声を真似する「マクドナルド爺さんの農場」など歌いやすい歌がたくさんありますね。

それでは一つずつ紹介したいと思います。

キラキラ星

キラキラ星は、「Twinkle twinkle little star How I wonder what you are」と同じ歌詞が何度も出てきますよね。何度も出てくるので覚えやすいと思います。手でキラキラと動かしながら歌うのもいいですよ。

幸せなら手をたたこう

日本語では「幸せなら手をたたこう」として知られている「If You're Happy And You Know It」は手を叩いたり、足踏みしたり、声を出すなどいろいろなことがあります。

初めのうちは英語の歌詞がわからなくても手を叩いたり、足踏みを真似していたて少しずつ歌を歌いながら体を動かすことができるかもしれません。

慣れてきたら「clap your hands」「stomp your feet」などと言いながらできるようになると思います。

マクドナルドおじいさんの農場

日本語では「ゆかいな牧場」として知られている「Old MacDonald Had A Farm」はたくさん動物が登場し、英語での動物の鳴き声を聞くことができる歌です。

動物が出てくるたびにこの動物は英語で何ていうのだろう、どうやって鳴くのだろうと興味をもつこともできますし、

動物の鳴き声を真似したり、「E-I-E-I-O!」と歌ったり楽しむことができます。この曲も同じ歌詞が繰り返し歌われるので覚えやすいですね。

ネイティブのように歌うコツ

子供に英語の歌を聞かせて歌わせるだけではなく、ネイティブのように歌えたらいいなと思いませんか。そのためには、大人も一緒になって歌うことが大切です。

英語の歌詞を見ても読めなかったり、見ただけで発音するのは難しいと思います。まずは、歌詞を耳で聞こえたままのカタカナに直すのです。そして自分で聞こえたカタカナを見て何度も歌います。

慣れてきたらそのカタカナの歌詞を見ないで歌ってください。英語を音と身体で覚えると英語脳や英語耳の力が発揮されるのです。
こうすればネイティブのような発音で歌うことができますよ。

まとめ

子供に英語の歌を聞かせてみると発音を真似していました。外国の映画の歌のシーンを見せたときは、主人公になりきって歌を歌っていたのです。

日本語吹き替え版の歌詞は出ているのですが、歌自体は英語なので耳で聞いて自分なりの英語の発音をして歌っていましたよ。

何度も聞かせているうちに全て歌えるようになっていればいいなと思います。
私も子供と一緒に英語の歌を聞いて歌詞を見なくても歌えるようになりたいです。

スポンサーリンク

 - 小学生のママ向け, 未就学児のママ向け