Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

育児にかかる費用!平均はどれくらい?

      2015/12/17

スポンサーリンク

私には、二人の娘がおります。

お転婆ですが、お茶目な娘で、私の人生に、
笑いと、涙をもたらしてくれる、大切な存在です。

 
ただ、これから先の、育児の費用のことを思うと、
心が重くなる、不安の種ではあります。

 
でも、漠然と、不安に思っているだけでは、
何も、解決はしませんよね。

具体的な、育児の費用が分かれば、
どうするべきか、その対処法も考えられる!

スポンサーリンク

と、言うことで、育児費用はどれくらいかかるのか、
その平均額
を、調べてみることにしました。

 

育児には平均いくらくらいかかるの?

少し古いデータですが、2003年のデータでは、
一人の子どもを育てるにあたり、
平均では、1300万円と言われています。

 
そして、二人目は、その8割弱の1050万円程。

三人目は、更に6割弱程にもなり、770万円程です。
これは、学習費や、基本的経費などを足した金額です。

 

他のデータでは、子育てには、3000万円かかる。
とも言われていますが、これは、色々なパターンの中で、
多く見積もって、の金額です。

この差が出るのは、幼稚園、保育園の時からの、
私立、公立の差から始まって、大学進学時の、
学習塾や、習い事の有無などによります。

赤ちゃん

まず、産まれてから1歳までは、トータルで、
50万円程かかります。

一番かかる費用は、ベビー用品で、平均20万円弱、
かかるようです。
 

1~3歳までも、年間、50万円程の費用が、
大体かかるようです。
50万円×3年間で、150万円程ですね。

中でも、子育ての為の預貯金や保険は、12万円程、
となっており、毎月1万円程、費やしているようです。

 
3歳になり、幼稚園に通い始めると、
また、費用がかかるようになってきます。

特に、その後の進路が、公立か私立かによって、
金額は、かなり、変わってきます。

 

一年間の学習費総額(平成24年度)

公立幼稚園 230,100円
私立幼稚園 487,427円

公立小学校 305,807円
私立小学校 1,422,357円

公立中学校 450,340円
私立中学校 1,295,156円

公立高等学校 386,439円
私立高等学校 966,816円

文部科学省 子どもの学習費調査 参照

 

この、学習費とは、幼稚園などの学校教育費、給食費、
学校以外でかかった、学校外活動費を、合わせた額です。

幼稚園は、公立の数が少ないこともあって、
市によっては、私立の幼稚園しかない、
と言う所も、多いようです。

スポンサーリンク

かくいう、私の住んでいる市も、
公立の幼稚園は、一つもなく、うちの娘は、
私立幼稚園に通っています。

転勤で、県外に引っ越しをした、友達の子がおり、
その子は今、公立幼稚園に通っているそうで、
幼稚園代が、うちの1/3以下だったのには、驚きました。

 
平均では、私立と公立の幼稚園では、2.1倍ほど、
差があるようです。

小学校からは、公立小学校に入れる気満々ですが、
私立と公立では、4.7倍も差があり、
一番金額の差が大きいのも、小学校の時期です。

中学校では、私立と公立の差は、2.9倍
高等学校では、2.5倍となっています。

大学の費用は、更に国立大学と、私立大学の差は、
広がっていきます。

 
国立大学の4年間で、平均2,425,200円
私立大学の文系4年間で、平均3,862,122円
理系4年間、平均5,187,381円です。

医歯系は6年なのもありますが、平均23,708,497円と、
抜きん出ています。

 

数字だけだと、余り、ピンと来ないと思いますので、
なん例か、ご紹介していきます。

学生

幼稚園から大学まで!私立と公立でこんなに違う!

モデルケース1

A子さんは、幼稚園から高等学校まで、
全て公立の学校を、卒業しました。
平均 4,999,271円

 

モデルケース2

B太さんは、同じく、公立の幼稚園から、
高等学校へ進み、その後、国立大学へ、
進学しました。
平均 7,424,471円

 

モデルケース3

C美さんは、同じく、公立の幼稚園から、
高等学校へ進み、その後、私立大学理系へ、
進学しました。
平均 10,186,652円

 

モデルケース4

D夫さんは、幼稚園から、高等学校まで、
私立を卒業し、その後、私立大学医歯系へ、
進学しました。
平均 40,482,284円

 

最後に

いかがでしたか?

最後のモデルケース4は、レアなケースだと思います。
少なくとも、そう思いたいところです。

 
自分達の子どもに、当てはめてみると、
後、どれくらい用意が必要か、分かりますよね。

教育費は、子どもが小さい内に、
コツコツと貯めるべき、と言われています。

こうやって教育資金のことを、改めて考えてみると、
自分が子どもの頃、両親にどれだけお世話になったか、
身に染みます。
 

我が家は、二人分、まだまだ頑張って貯めねば!

と、決意を新たにしましたが、
あなたは、どうお考えになりましたか?

スポンサーリンク

 - 未就学児のママ向け, 赤ちゃんのママ向け