Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

いびきが心配!子供の場合は何科を受診すればいいの?

   

スポンサーリンク

時々、仕事でお邪魔する
保育園さん。

先日寄ったときは、ちょうど、
お昼寝タイムでした。

みんなスヤスヤ
気持ちよさそうです。

 
子供たちの寝顔とは反対に、
先生の顔は少し浮かない。

お昼寝の様子をそっと
観察しています。

 
どうしたのかな、と思ったら……。
いびきみたいな音が聞こえた、
らしいんです。

いびき?

いやいや、いびきかどうか、
まだわからないとのこと。

ただ、グゴゴゴゴ、って音が
聞こえたののだとか。

 
もし、子供のいびきだったら、
心配なので、用心して
様子を伺っていたんだそうです。

そうか……。
心配ですよね。

何でもないといいんですが……。

それにしても、いびきなんて、
大人だけのことかと思ってました。

よくある症状なんでしょうか。

子供の場合、お医者に行くとしたら
何科を受診すればいいんでしょう?

調べてみました。
参考にしてみてください!

スポンサーリンク

子供のいびきの原因は?

まずは、いびきの正体について。

いびき(鼾)とは
気道の粘膜や器官が振動して
擦れて発する音のこと。

 
気道とは、鼻から肺までの
空気の通り道。

喉や気管、気管支なども
含まれます。

 
一般的には、何らかの理由で、
気道が狭くなっている可能性が
高いです。

大人の場合だったら、疲れとか、
アルコールの摂り過ぎとか、
太り過ぎとか、ホルモンの減少とか。

気道が狭くなると、いびき
無呼吸になることがあるんです。

年齢を重ねた大人がなるもの、
というイメージが強いいびき。

 
では、子供のいびきの原因は?

原因はいくつかあるようです。

  • アデノイド扁桃(へんとう)の肥大
  • アレルギー性鼻炎などによる鼻づまり
  • 肥満で喉の内部に脂肪がつく
  • 疲れ

アデノイドとは、鼻と喉の間の、
奥のほうにある器官

この器官が大きくなっている状態が
アデノイド肥大です。

扁桃腺は喉の両側にある器官。
これが肥大するのが扁桃肥大です。

どちらも、成長とともに
小さくなります。

しかし、何らかの理由で、
大きなままになっていることも。

原因は、よくわかって
いない
のだそうです。

スポンサーリンク

子供のいびきは何科を受診すればいい?

いびきの原因の多くは、
鼻や喉、気管にありそうです。

ということは、病院も、
耳鼻咽喉科の診察を受けるのが
よいようです。

 
もちろん、小児科や内科でも
診察してもらえますが、
耳鼻科のほうが◎。

早めに病院へ行って、
診察を受けましょう。

原因は何であれ、いびきを
放っておくのはよくありません。

 
いびきが続いて
息が苦しそうだったりしたら、
なおさら、要注意です。

大人なら、いびき対策用の
鼻テープとか、マウスピースなどで
気道を広げると効果的ですが、

子供の場合は、大人とは
状況が違います。

 

気道を広げたから解決、と
いうわけにはいきません。

いびきや息苦しさが原因で
よく眠れない日が続くと、
体調をくずしやすくなります。

寝不足になったり、
睡眠障害になってしまう
可能性も……。

 
よく眠れないことが、体に悪いのは、
大人も子供も同じです。

いびきに気づいたら、
早めに病院へ行きましょう。

 

終わりに

最初にお話した、
保育園さんの件ですが、

どうやら、
鼻炎の子がいたようで、
鼻がつまっていたみたい。

 
でも、心配なので、すぐ
病院に行く
ことになったそうです。

鼻づまりも、息が苦しいし、
小さい体ではよけい、
つらいと思います。

早くよくなってほしいです!

スポンサーリンク

 - 未就学児のママ向け, 赤ちゃんのママ向け