Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

幼児の虫歯が多い?子供の歯の問題はこんなところに

      2017/07/31

スポンサーリンク

子供が大きくなっていくのは、親としては
感動でしょうが、食事の変化が虫歯
作ってしまったとしたら、どうします?

「うちの子、おやつもまだなのに虫歯が
いっぱいあって、すごいショック……」

知人のママがそう、嘆いていたのが
きっかけでした。

 

お子さんは2歳になったばかりで、そろそろ
大人と同じ食事ができ、おやつも食べられる
そんな時期だと言います。

ですが、この時期、虫歯って激増してしまい
慌てて歯医者に連れて行った、という話を
ちらほらと、聞きます。

これは、どうしてなのでしょう?と
思ったので、小児歯科をしている知人に
訊いてみることにしました。

 
今回は、幼児の虫歯が多いのはどうして?
実は、磨き残しだけが原因じゃなかった

と、いうのを見ていきましょう。

スポンサーリンク

幼児の虫歯は2歳前後で多発する?

この時期って、色々なものを食べても
大丈夫ってなった子が多くて、様々な
味を知っていく時かと思います。

この時期、磨き残しチェックしてほしいのが
奥歯と、上の前歯、だそうです。

 
この2ヵ所の乳歯、というのは汚れやすく
磨きにくい、ということで磨き残しの場所に
なってしまうみたいですね。

奥歯は、気をつけているという人も多く
おられるでしょうが、前歯は油断して
いませんか?

上の歯は、口の構造上、唾液が届きにくく
結果、虫歯ができやすくなるとのこと。

 
特に、2歳を強調するわけではないですが
これくらいの時期というのは、虫歯が多い
ので、注意が特別必要です。

スポンサーリンク

見逃しやすい白虫歯

歯磨きも仕上げ磨きまでばっちりだから!
と、油断していると、お子さんがアイタタタ
な、ことになっちゃうかもですよ。

幼児の虫歯、というのは、大人のもののよう
かったり、茶色かったりしなくて白いので
歯と同化して、気づけないこともあります。

さらには進行が異常に急速度、というのも
面倒くさいといいますか、厄介この上もないです。

 
白い虫歯、これは歯医者さんで定期的に
チェックしてもらって、早期発見
治療なり、緩和ケアをしてもらいましょう。

 

緩和ケア?

「これは、幼児だから設けているメニューで
うちでは、こういう子、多いよ?」

と、小児歯科の知人は言っていました。
 

大人ならば、多少の痛いも我慢できるし
歯医者の独特の音、呻き声など平気ですが
幼児は、そうはいきません

子供によっては、怖がってめちゃくちゃに
暴れ、危ない!……なんてこともザラにある
ことだそうです。

「こういう子の場合は、聞き分けができて
治療ができるようになるまで、薬を塗るだけ
とか、痛み緩和・進行遅延の治療をする」

と、言っていましたので、幼児の虫歯が
多いのは、こうした緩和ケアが多く治療まで
できていないので多い、のかもしれません。

 

虫歯が多い理由は遺伝もあり?

元々、親もその親も家系的に見て、虫歯に
なりやすいって、家の子は虫歯にはよく
気をつけてあげてください。

歯の性質というのは、親からの遺伝であり
弱い子はとことん弱く、歯磨きも仕上げも
完璧なのに、虫歯が……となります。

 
せっかく頑張っているのに、虫歯があると
仕上げ磨き、さぼってんじゃないの~?
なんて、言われて落ち込む、と知人。

そういう子は、もしかしたら、遺伝的
歯が、そのエナメル質が弱いのかもしれません。

 
こうした体質のお子さんは、結構いて
0歳の時から、ずっと歯医者は通って
いる、ということも多いです。

体質の子は、本当に大変だと思いますので
磨き方が悪い、と思って、自分を追い込まず
じっくりと向きあっていく方がいいです。

最善を尽くし、それでも虫歯ができるなら
それは、もう気長にお付き合いしていくしか
ないので歯医者、専門の小児歯科に相談を。

 

おわりに

幼児期の虫歯について、ですが
結構、意外なところに原因が隠れている
ものだなーと、思いました。

特に、遺伝的に歯が弱い、というのは
意外で、人間って不思議なものだなと
そんな感想を持ちました。

「そういえば、病院の先生が言っていたかも
遺伝的に弱いのかも、って…私、頑張って
いるよね?」

知人は、本当に思い悩んでいただけに
こんな素人が、病院の先生に確認した
だけのことに、すごく安心していました。

 

私は、子供の頃、本当に幼児の頃は
よだれがすごくて、虫歯よりよだれを
なんとかしてくれと、は思ったそうです。

それはそれで恥ずかしい、子供時代
ということで、このお話は終わりです。

幼児の虫歯は大変ですが、根気とお母さんの
仕上げ磨きが子供の歯の将来を左右します
なので、きちんと磨いてあげたいものです。

なかなか、完璧に仕上げるのは難しいですが
歯医者さんで正しい磨き方を習い、子供と
一緒に磨くようにしましょう。

092307

将来の為に、今回のことはとても勉強
なりました。

まずは、自分の歯磨きを徹底していきたいと
思います。

スポンサーリンク

 - 小学生のママ向け, 未就学児のママ向け, 赤ちゃんのママ向け , ,