Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

暗算で2桁の掛け算も!東大生が作ったゴースト暗算の方法!

   

スポンサーリンク

以前、テレビでやっていた
計算式とても気になっています。

 
3年生になる息子に
2桁の掛け算を教えていますが、
算数が苦手なので、なかなか上達しません。

教えている最中に、
もっといい教え方がないか考えていると、

「確か、テレビでもっと簡単に
計算する方法
があったような。」
と、何か思い出しかけました。

 
テレビで見ている時には、
「なるほど、すごい!」
と思っていましたが、

時間が経過すると、
すっかり名前も忘れていたのです。

このモヤモヤをスッキリしたいと思い、
2桁の掛け算のが簡単に出来る
方法
を調べる事にしました。

スポンサーリンク

ゴースト暗算とは?

私が探していた2桁の掛け算を
簡単に計算する方法

ゴースト暗算といわれる方法でした。

ゴースト暗算とは、東大生
岩波邦明さんが考え出した計算方法で、

本が出版されていたり、
ゴースト暗算のゲーム機がでいたり
しているようです。

ゴースト暗算とは魚の形をした計算式で、
頭と胴体の部分は十の位や百の位の計算
尻尾の部分は一の位の計算を表しています。

このような感じに書きます↓

こんな可愛い形をしていますが、
とても簡単に2桁の掛け算が
出来る
ようです。

 

ゴースト暗算の2桁×1桁

実際のゴースト計算をしてみましょう。

56×8の計算をしてみます。

魚の形の□に入った数字として
考えてください。
□□+□ □

まず、十の位の計算です。
5×8=40 

この40を左側の□に書きます。
40+□ □

次に一の位を計算です。
6×8=48

この48を右側の□に書きます。
40+4 8

左側の40+4は十の位の答えになり、
右側の8は一の位の答えになります。

40+4=44 になり、44は十の位なので
44×10をします。

440+8 となり、
答えは448になります。

 
なるほど、慣れると
分かりやすいです。

ひっ算の式を簡単にした
のような気がします。

文字だけだと、分かりにくいので
動画を参考にしてください。

計算の式の数字は違うので、
間違えないようにしてくださいね。

ゴースト暗算の2桁×2桁

今度は2桁と2桁の式のやり方です。

48×37という、式に
チャレンジします。

 
魚の形の計算式を、

掛ける数の十の位の3の計算と
掛ける数の一の位の7の計算の

2通りを計算します。

48×3 (×10)と
48×7 の計算をします。

48×3 (×10)は  

答えは1440になります。

48×7 は、
28+5 6 なので
答えは336になります。

1440の1は千の位で他に千の位はないので、
千の位の1は決定です。
1□□□

一の位も336の6しかないので
一の位は6に決定です。
1□□6

十の位は、4と3なので7になります。
1□76

百の位は、4と3なので7になり、
1776 という答えになります。
 

2つの式が出てくるので、
そこを間違えないようにすれば簡単です。

こちらのやり方も動画があるので
参考にしてください。

このやり方だと、掛け算を覚えると
簡単に出来るので、算数が苦手な息子にも
2桁×2桁の計算が出来そうです。

スポンサーリンク

まとめ

以前、テレビで見ていたけど
「ゴースト暗算」で計算すると
改めて簡単に出来て驚かされます。

息子のために調べましたが、
私の方が買い物などで
活用したいと感じました。

もちろん、
息子にもこのやり方を教えて
算数に自信をつけさせたいと思います。

スポンサーリンク

 - 中高生のママ向け, 小学生のママ向け