Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

赤ちゃんの夜泣きの時期はいつから始まる?

   

スポンサーリンク

子供が赤ちゃんの頃
夜中に泣いて何度も起こされました。

その度に授乳をしたり、
抱っこして子守唄を歌って
寝かしつけていました。

 
すんなり寝てくれることもありますが、
なかなか寝てくれなくて
寝不足が続くこともあるのです。

また体を離すだけで泣いて大変でした。

今では、懐かしいです。

 

最近、友達に子供が生まれて
夜泣きがひどくて困っていたようなので

何かアドバイスできることはないかと思い
調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夜泣きとは?

夜泣きは、お腹が空いているわけでもなく。
おむつが濡れているわけでもないのに
赤ちゃんが夜中突然泣き出して、

抱っこしても
泣きやまないことを言います。

 
泣き止んで寝かしつけたと思っても
体を離すだけで泣き出してしまい
朝までかかることもあるのです。

夜泣きには個人差があり、
泣き方が激しい子や
夜泣きをしない子もいます。

夜泣きの始まりと終わりの時期は?

赤ちゃんの夜泣きは、早くて3ヶ月頃から
始まり、1歳半頃には治るそうです。

 
一般的には、生後8ヶ月頃に夜泣きで
悩まされる人が多く、

遅い子は、2歳を過ぎても
夜泣きをするので時期や期間にも
個人差があります。

 

夜泣きの原因とは

夜泣きの原因ははっきりとしていません。
時と場合によりますし、個人差もあります。

生後6ヶ月頃から1歳くらいは、
赤ちゃんの脳がめざましい発達をする頃
と言われています。

 
不安だったり、興奮して寝付けない、
眠り方がわからないという不快症状
睡眠サイクルの乱れ

刺激やストレスなどが
原因なのではないか
と言われています。
 

また、昼に眠りすぎたり、
昼寝をしなかったり、
夜中に目がさめるなど

睡眠サイクルの乱れていると
生活リズムは整いません。

 
夜泣きを夜泣きを軽減させるためには、
生活リズムを整えることが大切です。

生活リズムは日常生活の中で
自然に覚えていきます。

スポンサーリンク

泣き止ませる方法

夜泣きを止める方法として
見守る方法や抱っこしてあやす、
授乳する、音で気をそらす、

外の空気を吸わせる
ドライブに出かけるなどの方法が
あります。

 

何もせずに見守る

赤ちゃんは、寝言の一つとして
泣くことがあるそうです。

しばらくすると何事も
なかったように眠りにつくこともあるので
泣き始めたらすぐに抱っこするのではなく、

2〜3分様子を見ましょう。

 

抱っこや授乳をする

しばらく泣いている場合は、
抱っこしてあげましょう。

背中をトントンしてあげたり、
ゆっくり揺れたり、子守唄を歌うなど
すると眠りにつきます。

 
この時に横抱きにして母親の
心臓の音を聞かせると安心する
というのを聞いたことがあります。

 

私の子供は、哺乳瓶や乳首を加えると
安心したのか
吸いながら寝てしまいました。
 

音で気をそらす

泣き出した時は、
リラックスする音楽をかけたり、
ビニール袋ガサガサとした音を

聞かせてみましょう。また、
泣きやみ音が入ったアプリもあるので
使ってみてください。

外の空気を吸わせたりドライブをする

泣き出した時は、ベランダにでて
夜風に当ててみましょう。
気分が変わると思います。

 
抱っこ紐やベビーカーで
お散歩したり、車に乗って
夜のドライブもお勧めです。

車の揺れが心地が良くなって
眠たくなるかもしれません。

生活リズムを整える方法

生活リズムは自然と覚えますが、
朝と夜の違いなどを体で感じられる
ようにすることが大切です。

 
朝、しっかり日光を浴びると
夜には眠たくなるように体ができているのです。

早起きをすると早く眠くなるので
早く起こすようにして時間に慣れさせましょう。

 

私は、毎朝カーテンのレース越しで子供に
少し光を浴びさせています。

天気の良い日には外に出て
お散歩をしています。

私自身も気分転換になりますし、
外は暖かくて気持ちがいいです。

天気の悪い日は、お家にいておもちゃで遊んだり、
歌を歌って楽しんでいます。

 
また、湯船に浸かって体を温めることで
眠りにつきやすくなると言われています。

お風呂に入って体の疲れを取り、
ぐっすり眠りましょう。

ママのストレスを溜めないようにする

夜泣きには、個人差がありますが、
敏感な子は、ママのイライラを感じ、
情緒不安定になり夜泣きをしてしまう

と言われています。
ママがおっとりしている人の方が、
子供は安定しやすいそうです。

 
ママがイライラしないためにも
夜泣きはその時だけと思い、

部屋が散らかっていても赤ちゃんと
一緒に昼寝をしたり、

一時保育を利用して睡眠時間
確保しましょう。

 

まとめ

子どもが夜泣きした時は、
寝ている主人を起こさないように
リビングに行き、あやしていました。

しかし抱っこをしても泣き止みませんし、
夜中なので子守唄を歌う時も
小さな声しか出せません。

最終手段で授乳すると
安心したようで

あの苦労が嘘のように
ストンと寝てくれました。

 
たくさん寝た方がいいよと言われましたが
いまならその意味がわかります。

子育てを手伝う機会があったら、
日中は、赤ちゃんと一緒にお昼寝しようと思います。

スポンサーリンク

 - 赤ちゃんのママ向け