Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ベビーカーにひそむ危険!荷物で転倒してしまうことも!

   

スポンサーリンク

小さな、お子さんがいる、家庭にとって
ベビーカーは、とても便利なものですよね。

569786-300x224

ベビーカーがあるだけで、子どもさんを
連れたお出かけも、楽になったりします。

大型なベビーカーから、コンパクトタイプの
ベビーカーまで、用途や環境にあわせて
たくさんの、種類から、選べる時代。

便利に作られている、とはいえ
どうしても悩ましい問題が。

 

お買い物で、荷物が、たくさんに
なっちゃたんだけど、荷物をのせる
スペースが少ない!

けっこう、あるある、ですよね。

コンパクトな、ベビーカーに
なればなるほど
荷物に悩まされてしまいがち。

 
そんな、問題を解決しようと、
いろいろ工夫を、考えますよね。

しかし、そこに、ひそむ危険があるんです。

スポンサーリンク

ベビーカーと荷物のバランスに気をつけて!

ベビーカーに、お子さんを乗せての
お買い物や、お出かけ。

子どもさんが小さいと、持ち物って
増えてしまうんですよね。

 
念のため、あれもこれも、って
出かける時点で、すでに荷物が
いっぱいなんてことも。

その上、お買い物で、さらに荷物が
増えてしまったりすると、本当に大変

 
そんな時、みなさん、どうされていますか?

 
今は、ベビーカーに、つけたりできる
荷物かけや、
ベビーカーバックなどが、ありますね。

S字フックなどを、利用している人も
結構多いのでは?

そういったグッズは、便利で
とても、ありがたいモノですよね。

 
でも、注意して使わないと、危険な状況
作り出してしまうんです!

それは、転倒事故です!

ベビーカーは、子どもさんを、乗せることを
メインに、バランスを考えて
設計されています。

 
もともと、設置されている、かごなどに
規定範囲の大きさ、重さの荷物なら

大丈夫ですが、それ以外となると
一気に危険度があがります。

 
普段からベビーカーを使うとき、
お子さんを乗せているのですから
みなさん、気をつけていると思います。

それでも起きる危険な瞬間
ぜひ、知っておいてください!

スポンサーリンク

こんな場面で要注意!

ハンドル部分に、荷物をかけているけど
子どもを、乗せているから
バランスがとれていて、大丈夫。

そう、見えていても、安心できません

 
平坦な場所では、大丈夫に思えても
坂道や、ちょっとした段差などで
急に、バランスが崩れることもあるんです。

そうなると、支えきれずに、お子さんが
乗ったまま、転倒してしまうことに。

 
ベビーカーに、お子さんが、乗ったまま
転倒ということは、後頭部から地面に
あたってしまう
、可能性が高いんです。

ただでさえ、怖い頭部へのダメージ

小さな子どもさんの、頭は柔らかいので
ちょっとした衝撃でも、危険な状態
なるかもしれません。

 
もし、こけた時に、ベルトが
緩んでいたりすると、転倒のはずみで、
お子さんが、投げ出されてしまうことも。

これが、車道の近くや、駅のホームで
起きてしまったら、更に大きな事故
つながるのです。

 

他にも、荷物をかけたまま、お子さんを
抱き上げると、バランスが崩れて、
ベビーカーが、こけてしまいます。

この場合、荷物が散らばってしまったり
上のお子さんが、近くにいたら
ベビーカーに巻き込まれケガをすることも。

 
たくさんの、子育て経験者の方が、
こんな、事故に、つながるかもしれない
ヒヤリハット事例を、経験しているんです。

ヒヤリハットとは、言葉の通り
「ヒヤリ」や、「ハッ」と、してしまうような
状態のことを指します。

出来る限り、こんな体験はしたく
ないですね。

447635-300x251

まとめ

ベビーカーの利用時は

  • 基準以上の、大きさ、重さの
    荷物をのせない
  • ハンドル部分に、重いものをかけない
  • 便利グッズを、使用するときは
    使用上の注意にそって使う
  • お子さんや荷物を、乗せたり、降ろしたり
    するときは、ストッパーをかけ
    壁などを利用して、こけにくくする

などを心がけてくださいね。

 
安全のためは、もちろんなのですが
ベビーカーメーカーの、想定以外

使用方法で、壊れた場合は
保証対象外と、なることもありますよ!

この記事を、参考に
ベビーカーでのお出かけを
楽しんでください。

スポンサーリンク

 - 赤ちゃんのママ向け ,