Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

子供の肥満!運動は日常生活の見直しから♪

   

スポンサーリンク

小学4年生の我が子、身長143cm・体重
39kg
、最近よく食べるんです。

それも、大の肉好きなんです。

 
体のぽちゃぽちゃ感が増したのは
気のせいじゃなかったみたいです。

52d57b26bab0c6c2ff01bb6fa7f70588_s-300x225

周りの友達は、痩せている子が多いので、
本人も少し気にはしている様子です。

 
実際、子供の身長に対して、どれぐらいの
体重が標準なんでしょう?

肥満度チェックなるものを、調べてみたの
ですが、「太り気味」でした・・・。

普通とされる体重は、-1kgほどなのですが
子供の減量となると、どのようにしたら
いいのか迷います。

 
子供の健康と成長のために、どんな減量法が
いいのか
、調べてみましたよ♪

スポンサーリンク

肥満解消の原因とは?

 

肥満の原因は、食べたもののカロリーを
消費しきれていない状態です。

しかし、食べ過ぎなどの摂取カロリーが
高いために肥満になる、というだけが
原因ではないんです。

 
特に、現代の子供達は、摂取カロリーが
範囲内であるにもかかわらず、肥満になる
場合が多いんですよ。

つまり、普通の量を食べていても、なぜか
太ってしまうんです。

2bf213cde61b49b61e20109b060e8738_s-300x200

というのも、現代社会では、「動かなくても
事足りてしまう日常生活」が影響しています。

  • テレビゲームで遊ぶことが増え、外で体を
    動かす
    遊びが減る。
  • 移動手段が車中心になり、徒歩が減る。
  • 塾や習い事で遊ぶ時間が減る。

など、毎日の日常生活の動きが減るため
慢性的な運動不足になるんですね。

日常生活の動きは、もしかしたら小さなもの
かもしれません。

しかし、毎日の積み重ねは、運動不足解消の
になるんですよ。

 
では次にポイントを抑えていきますよ。

スポンサーリンク

運動不足の解消は日常生活がポイント!

では、さっそく運動を始めましょう。

 
といっても、肥満傾向のある子供の場合
運動が苦手であることが多いですよね。

いきなり、カロリーを消費するために
ハードな運動をさせるのは、逆効果です。

運動することがになってしまいます。

まずは、日常生活を見直すことから
始めてみましょう。

 
今までの日常生活の動きが当たり前に
なっていると、何がどう足りないのかが
わからなくなっています。

テレビを見ている時に寝転んでいたり、
ゲームを何か食べながらしている、など

動かない時間を無理なく減らすように
していきましょうね。

  • 朝起きたら、新聞を取りに行かせる。
  • ポストまで郵便物を取りに行かせる。
  • 身支度や用意は自分で取りに行き、
    自分で準備させる。
  • 寝転んでいる態勢より、座る習慣
    つける。
  • 毎日決まったお手伝いをさせる。
    (お風呂洗い・玄関・トイレ掃除など)
  • 買い物に連れ出す

このように、無意識な日常の動きですが、
カロリーを消費する手立てとなるんですよ。

普段から体を動かす癖をつけていくと、
食べたものも消費されやすくなります。

また、日々の動きの中で、家庭での
コミュニケーションが増えるのはいいこと
ですよね。

 

運動をするきっかけができたら

体を動かすことが自然になってきたら、
ストレッチなどを始めてみましょう。

体を伸ばし、柔軟性を高めるストレッチは
血行を良くしてくれます。

また、ラジオ体操なども動きの加わった
ストレッチの一種なんですよ。

c9448df6a522148f793da357f26795ae_s-265x300

体が適度に温まるので、運動の準備体操に
適しています。

普段運動をしない人にとっても、じんわり
温まるラジオ体操はおすすめなんですよ。

 
もちろん、放課後に友達と外で遊ぶ環境が
あれば問題ないのですが、なかなか難しい
ですよね。

運動する場が欲しい、と考え始めたら、
早速始めていきたいですよね。

 
肥満傾向のある子供におすすめなのが、
有酸素運動です。

毎日続けるなら、15分ほどでも習慣化
できるといいですよね。

身近で気軽にできる運動では、

  • 自転車
  • 縄跳び
  • キャッチボール
  • リフティング

などがありますよ。

 
さらに週に1・2回の運動をしていくのに
おすすめなのが、

  • 水泳
  • 野球・サッカー・バスケなどの
    集団でできる運動

個人の技量だけを競争させるような運動や
瞬間的に筋力を使う短距離やエアロビクス
などは避けましょう。

 

まとめ

この記事を書いた後日談があります。

息子は、4年生になってから新しい友達
急激に仲良くなりました。

その友達は、自宅からで行っても10分
かかる山手に住んでいます。

放課後にどうしても遊びたくて、自転車
15分かけて出かけるようになったんです。

最初の頃は、行き来するのも疲れていた
ようでしたが、みるみるうちにほっそり
痩せていったのには驚きました。

毎日のように自転車で出かけるうちに
筋力も体力もついた様子です。

友達の力って、すごいですね!

これからになるので、油断しないように
気を付けていきたいと思ってます♪

スポンサーリンク

 - 中高生のママ向け, 小学生のママ向け ,