Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

妊婦さんは車を運転してもいいの?臨月に入ってからの注意点3つ

      2017/01/22

スポンサーリンク

妊婦であるだけでも、不安だけど
臨月に入ったら、やはり車の運転
しない方がいいだろうか?

526888-209x300

これは、来週で妊娠36週、臨月に入る
知人の心配事、その1つです。

 
知人はマメな人で、食べ物やマタニティの
ヨガなどにも、こっています。

ですが、車の運転だけはちょっと困って
しまう、とのこと。

 
私や知人の暮らしている場所は、結構な
田舎で、バスも数時間に1本のような
地域になります。

公共交通が少ない、というか時間があわねば
ほぼないに等しい、陸の孤島化している
そんな場所ですので、車は必須となります。

 

知人は、健診にも自分で運転して行っていた
ようですが、それも臨月となると周りも
そして、本人もなにかと心配になる様子。

車は日々、運転しなければいけない
けど心配…そんなジレンマに陥り、どう思う?
と、相談してきました。

 
いつか、自分も経験するだろうこと、なので
いい機会だと思い、調べることに。

今回は、知っておきたい臨月突入後の運転に
ついて
まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

臨月に入ったら運転は見合わせるべき?

臨月に入りました、さあ、運転はやめやめ!
と、いう決まりなどはありません

 
ですが、あまり好ましくはありません。

それというのも、臨月に入ると車の運転
と、いうのに様々な支障をきたす危険
あるからです。

 
それについて、以下にまとめて説明し
どうしても、という場合のための
対策なども、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

注意力・判断能力の低下を考慮しよう

運転する時には、必ず運転に集中する必要が
ありますね?

219230-300x300

平常時ならば、なんともないことでも
女性ホルモンの「エストロゲン」、これの
分泌が増加した臨月は集中力が下がります。

それというのも、このホルモンの影響で
夜の眠りが浅くなり、日中に眠たくなって
しまうのです。

 
そうなると、必然的に注意力や判断力が
低下し、その結果として、思わぬ事故にあう
または、事故を起こす可能性が出てきます。

事故のリスクなど、考えただけで恐ろしい・・・

これらは、できれば回避したいですね?

 
運転して、いけないことはないのですが
眠気を感じたら、こまめに休むように
することが大切です。

こうすることで、自分が事故を起こす危険は
多少なり、減らせます

 

体への負担を減らすよう工夫する

車の運転、これは一定の緊張感が伴います。

緊張すると、変にドキドキしたり
気分が昂ったりしませんか?

 

普段の生活にはない、平常時はなんでもない
この緊張が、血圧心拍数に影響を与え
子宮が収縮しやすくなり、負担になります。

また、長時間同じ姿勢でいる車の運転は
体がこり固まってしまい、肩こり
体の各所、特にの痛みにつながります。

 
これは、やはり、こまめに休憩すること
そして、なるべく長距離を運転しないことが
対策としてあげられます。

長くても1時間の運転にとどめ、それ以上は
1時間ごとで、10分から15分の休憩を
取り入れるようにしましょう。

 
できることなら、ご主人か他の運転可能
家族に頼み、運転を代わってもらいましょう。

 

陣痛や破水が起こる可能性を考えておく

妊娠36週間以上、40週以内になると
早産の可能性が出てきます。

臨月とは、体が出産への準備を滞りなく
終えた証です。

それは、いつでも、出産できる状態である
と、言えます。

すなわち、いつ破水や陣痛が起こるか
わかりません。

 
そんな、危険な橋を爪先立ちで歩く
そのような真似をするのは、怖いですね?

対策としては、病院受診に必要なもの

  • 母子手帳
  • 健康保険証
  • 診察券
  • お薬手帳

これらは、必須ですね?これを
携帯しておきましょう。

 
後は、かかりつけの産婦人科緊急の
連絡先
、これらを登録した携帯電話
持っておきましょう。

 
その他には、出血などに備えてナプキン
多量の破水に備えてバスタオル、これらを
車に、一緒に乗せておくといいですね。

タオルは、座席のクッション代わりに
敷いておくと、突然の破水でもシートを
汚さずに済みます。

陣痛腹部の張り破水があった場合は
すぐに車を止め、かかりつけ医に連絡して
指示を仰ぐようにしましょう。

 

さいごに

臨月に入ってからの運転、いかがでしょう?

ちょっとでも、参考になりましたか?

 

知人はいつも、片道1時間かかる病院に
車で通っていましたが、今回のことを
受けて、運転を控えることにしたようです。

どうしてもの用事、この時にはご主人
実家のお母さん、もしくはお義母さん
頼んで、運転してもらっているそうです。

通行の手段が乏しいので、家族で運転が
できない人がいないこと、それは
救いだったと言っていました。

他の家族がどうしても都合がつかない時は
万全の準備をして、運転するように
している、とのこと。

 
そして、予定日より早くに自宅で陣痛が
起こり、お母さんの運転で病院に。

無事に、第一子を出産したとのとこでした。

 

臨月の時、車の運転を、あなたは
どうしますか?

知人は安全策を講じ、無事に出産することが
できました。

産まれてくる我が子、この子を思えばこそ
安心安全には、気を配っていきたいですね。

今回あげた対策、こちらをぜひ実践して
みてくださいね。

スポンサーリンク

 - まだお腹の中