Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ぬいぐるみの洗い方!洗濯機で洗うなら注意すべきポイント5つ

   

スポンサーリンク

ぬいぐるみを洗う、もしくはクリーニングに
出す人、どれくらいいらっしゃるでしょう。

友人はぬいぐるみが大好き!

064662-213x300

ベッドの枕元ですとか、リビングスペース
タンスの上などには必ず、彼女のお気に入り
ぬいぐるみが座っています。
 

しかし、それらはたまに入れ替えられ
不在になったりする時もあります。

訊いてみると、不在している子たちは
現在、クリーニング店に出張中とのこと。

どうしても汚れがついて、自分では
洗えないからクリーニングに出しているそう。

 

友人は肌が弱く、すぐに洗剤負けして
しまって、両手が可哀想なことになります。

手袋をしていても、ちょっとでも付着すると
アウトなので、手洗いできるのは
知っているけど、体質的に諦めている…と。

しかし、クリーニング代もバカにならない
なので、なんとかならないものだろうか?
と、いうのが目下の悩み

 
その気持ち、わかります、というわけで
今回は、手洗い以外でぬいぐるみを
洗う方法
をご紹介します。

スポンサーリンク

手洗い以外の方法?

手洗い以外でものを洗うといえば、アレ!

洗濯機です。

 
ですが、洗濯機にただポンと入れたのでは
ぬいぐるみは洗濯後、原形を失っているかも
しれません。

そうなったら、元も子のないですよね?

 

なので、ぬいぐるみを洗濯機で洗濯するには
ちょっとした、小技が必要になります。

そして、いくつか確認すべき注意ポイント
ありますので、それらをチェックしたら
洗濯をしていきましょう。

スポンサーリンク

水洗いは可能か?

これが、ぬいぐるみの洗濯についての
注意ポイントその1で、水洗いの
可不可の確認です。

 
これは、ぬいぐるみのタグを見ると説明や
洗濯絵表示がついていると、思います。

洗える、というマークがついていたら
準備をしましょう。

判別不能な場合やわからない時は、簡単な
チェック
を行いましょう。

 
以下、洗えないもののチェックリストです。

  • 人工皮革や革がついている
  • ウール(毛)素材100%のもの
  • 中綿がポリエステル以外で硬い
  • 中身に精巧機器や紙を使用
  • 水で色が出る(色落ちする)
  • 大きい(洗濯機に入らない)
  • アンティーク

上記のものは、基本的に洗えませんので
専門家(クリーニング店)に任せましょう。

それ以外のものならば、いざ、洗濯!

 

洗濯機のドライ(手洗い)コースで洗う

ぬいぐるみは付属品(リボン、服、紙タグ)
など、あれば外しておきましょう。

目の大きなネットに入れ、普通の手洗い用
中性洗剤を準備したら前準備完了!

後は、洗濯機を使いこなして洗っていく
だけですので、頑張ってください。

 
まず、洗いですが、これはぬいぐるみ
単品ではなく、他の服タオルなどと
一緒に洗濯しましょう。

なぜか?それは洗濯機の遠心力のダメージ
極力、抑えるためです。

他のものを一緒に洗うことで、ぬいぐるみが
一手に受けるダメージが、分散される
ですので、1つの妙手ということで。

 

と、いうわけで注意ポイントその2
ぬいぐるみは単品では洗わない、です。

注意ポイント、確認したところで洗濯に
戻りましょう。

洗濯機の洗いコースは手洗い、弱水流
または、ドライマーク専用など洗濯機により
異なりますので、わからない時は取説を!

自分の使っている洗濯機の機能が判明したら
ぬいぐるみと他に、汚れの軽い洗濯物を
洗濯機に入れましょう。

 

ここで、注意ポイントその3です。

最終的にはぐっちゃになりますが、ほかの
洗濯物を、ぬいぐるみを包むように入れ
保護してあげましょう。

より、ぬいぐるみが壊れにくくなります。

配置を確認したら、洗濯機を稼働させます。

 
あなたの家の手洗いコースで、2分から3分
洗い」、2回すすぎ」をしましょう。

洗い」の時間は短めに、「すすぎ」は
しっかりめにすると、洗剤残りで雑菌が!
なんてことはなくなるでしょう。

 

脱水する

さて、難所にやってまいりました。

洗濯機の遠心力が、最もかかる脱水です。

すすぎ」まで終わったぬいぐるみと
ほかの洗濯物をどう脱水するか、ですが。

 
まず、一緒に洗ったタオルたち、ほかの
洗濯物を洗濯機で普通に脱水します。

終わったら取り出して、よけておいた
ぬいぐるみを新しいタオルにくるみましょう。

ここで、注意ポイントその4になり
脱水の時こそ、ではいけない!
と、いうわけでタオルにくるみます

タオルでくるんだら、洗濯機のにそっと
安置して、脱水機能で5から10秒ほど
脱水にかけましょう。

 
これ以上の時間、脱水にかけると
ぬいぐるみが、せっかくくるんだタオルから
飛びだしてしまいます。

なので、脱水は軽くで大丈夫です。

 

乾かす

最後の工程、干して乾かしましょう。

洗って、脱水も終わったぬいぐるみさんを
干すわけですが、この時、手で軽く叩いて
形を整えてあげましょう。

後は風通しのいい場所で、直射日光をさけ
吊るし干しにします。

 
風通しのいい場所ならば、1日2日あれば
乾くと思いますが、ぬいぐるみの
大きさによって変わります

直射日光は、さけないと日焼けの原因に。

 

と、ここで注意ポイントその5
中までしっかりと乾かしましょう。

たまに、もう表面が乾いたからいいだろうと
油断すると、後日、ぬいぐるみから生乾き臭
雑菌臭がするようになりますので注意です。

不安な時や、雨天の時(梅雨時)
仕上げに、ドライヤーを当ててやると
いいでしょう。

 

以上、ぬいぐるみの洗い方でした。

ここまで、中性洗剤を使い、洗濯機を
駆使し、ぬいぐるみを洗う方法
ご紹介しました。

ですが、もし、洗剤には負けるけど
せっけんなら大丈夫!そんな場合は
以下の動画のような手洗いは、いかが?

ブラッシングからはじまり、脱水は
洗濯機に任せ、計1分行っています。

なので、少々丈夫なぬいぐるみならば
脱水時間は動画のように、多少長めでも
オッケーです。

あくまでも、参考にする感じで
見ていただければと思います。

おわりに

ぬいぐるみを洗濯機で洗う方法を伝えた
数日後、彼女の家に遊びにいってみると
ぬいぐるみさんが増えていました。

理由は簡単で、家の洗濯機で洗うように
なったから、クリーニングに出さず
済んでいるとのことでした。

自宅で洗えるものばかりだった、これが
幸いで、彼女はこれを機に「つもり貯金」を
始めたそうです。

367928-237x300

要は、浮いた月々のクリーニング代を貯金に
回し始めた、ということ。

お金がまとまったら、また、ぬいぐるみを
買うんだー、と言っていましたので彼女の
ぬいぐるみコレクションは増えるようです。

あなたの自宅にあるぬいぐるみは洗えますか?

肌が弱く、手洗いを諦めていたのなら
今回、ご紹介した方法を試してみてください。

ぬいぐるみもきれいになり、クリーニング代
浮くといううれしいおまけつきです。

ちょっと面倒かもしれませんが、注意する
ポイントを押さえ、洗濯してあげましょう。

スポンサーリンク

 - 小学生のママ向け, 未就学児のママ向け, 赤ちゃんのママ向け