Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ぬいぐるみの洗い方!ふわふわ仕立ては優しさがミソ!

   

スポンサーリンク

ぬいぐるみ、子供ならだれでも
1つお気に入りを持っているのでは?

510154-300x300

そして、それを長年大切にしている人も
多いはずですが、ぬいぐるみの管理って
少し大変ではないでしょうか?

特に汚れがついてしまった時などは
そのままゴミにいってしまうことも
あったりしてちょっと寂しいですね?

 

知人のお子さんが、ぬいぐるみ大好き
よく、ちゅーをするそうなのですが
よだれ、ついちゃいますよね?

その時すぐに拭ければいいのですが
滲み込んでしまって、雑菌が繁殖!

とかなったら、取りあげたくなるそうです。

 
けど、そうすると火がついたように泣かれて
困るので、なにか簡単なお手入れの方法
を言えばふわふわを保てるのがいい。

とのことでしたので、今回はぬいぐるみの
質感を保ちつつ自宅で簡単にできる洗い方

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ぬいぐるみは洗えるのか?

大きなもの、小さなもの、毛糸のものに
のもの、ちょっと硬めのものなど
ぬいぐるみも様々かと思います。

今回、ぬいぐるみを洗うとしましたが
実際に洗えるかどうかはそのぬいぐるみに
よって違ってきます

 
そう、何事にも例外があるように
ぬいぐるみも洗えるものそうでないもの
あります。

 
基本として洗えるものには水洗い可のタグが
ついていますが、タグがなく判断に迷ったら
以下のものでないか確認しましょう。

  • 人工皮革や革がついている
  • 毛糸は毛糸でもウール素材
  • 中綿がポリエステル以外(ちょっと硬い)
  • 中に精巧な機器や紙を使用している
  • 水で色がでる
  • おっきい(または特大)
  • アンティークもの

以上にあげたようなものは基本的
水洗いは不可ですので、最寄りの
クリーニング店にご相談ください。

知人の洗いたいぬいぐるみは幸いにも
水洗い可のタグが付いているもの
でしたので、そのまま、洗う方向で進めます。

 
また、後述しますが、水洗いでない洗い方も
ありますので、条件にあえば試してみては?

では、まずは水洗い(丸洗い)可
ぬいぐるみの洗い方からいきます。

スポンサーリンク

洗い方は手洗いが基本

水洗いの可不可を確認した結果
大丈夫だったから、ネットにでも入れて
後は面倒だから洗濯機に任せようか。

 

これダメです、NGです。

 
ぬいぐるみって子供が振り回すぐらいでは
どうにもならないですが、それが洗濯機
強力な遠心力だと話が変わります。

そんなものにかけられたら、ふわふわだ!
ゴワゴワだ!という以前にボロボロ
なってしまい、場合で壊れます

 
ですので、多少面倒でも丁寧に押し洗いを
するという方法をおすすめします。

今回特別に用意するものは3つ

  • ブラシ
  • ぬいぐるみが楽々入る桶かバケツ
  • 手洗い用中性洗剤(洋服用でOK)

後は、があれば洗うのに必要なものは
揃いますので、風呂場かどこかで
作業しましょう。
 

ぬいぐるみを洗う:ブラッシングと付属品を取る

あなたはシャンプーする前に髪の毛を
ブラッシングしませんか?

ぬいぐるみにも同じことをしてあげると
汚れが落ちやすく、洗うのがになります。

 
なので、水につける前に軽くでいいので
ぬいぐるみをブラシでさっさと梳かして
やりましょう。

これだけで大きなゴミが取れますので
ブラッシングはおすすめです。

 
後はぬいぐるみが着ている洋服
装飾品紙のタグなど、外せるものはすべて
外しておきましょう。

ぬいぐるみ本体は水洗い可でも付属品は不可
なんて場合もありますので要注意です。

 

ぬいぐるみを洗う:洗剤で

桶かバケツにを張ります
(お湯だとぬいぐるみが傷むことがある)
そこに洗剤を適量溶かしましょう。

洋服洗濯用だと水の量が多すぎて
希釈量を計算するのが面倒だと
思われるでしょう。

 
ですが、もっとシンプルでいいのです。

水何リットルとか小難しく考えると頭が
沸騰しますので桶(バケツ)いっぱいの水に
対して、洗剤は小さじに半分から1杯程度。

くらいに考えておくと簡単ですよ。

 
溶剤ができたらそこにブラッシングした
ぬいぐるみを入れましょう。

この時、ぎゅうぎゅう揉んだりしてはダメ!
ふわふわを目指すのなら、優しく洗うことが
大切ですので優しく押し洗いしましょう。

洗剤が溶けた水に沈めるようにしては
引き上げ、また沈めて浮かせるのを
繰り返しましょう。

 
ここでのポイントは汚れの程度によって
洗う時間(回数)を変えること。

汚れがひどいようなら、途中で洗剤水を変えて
30から50回押しますが、軽い汚れなら
15から20回で十分です。

洗い終わったら、きれいな水で押し洗いし
よくすすいで、洗剤を追いだしましょう。

 

ぬいぐるみを洗う:脱水

ぬいぐるみを洗ったら次は脱水です。

これに関してはタオルで挟んで吸水するか
洗濯機にごく短時間だけかけましょう。

 
タオルでやると労力が・・・と思うなら
少しだけ、文明の機器の力を借りましょう。

やり方は簡単で、タオルでぬいぐるみを包み
洗濯機の脱水機能5から10秒回します。

これ以上すると、ぬいぐるみがタオルから
飛びだしてしまい、洗濯機の遠心力
ボロボロの可哀想な状態になりかねません。

注意しましょう。

 

ぬいぐるみを洗う:干す(乾かす)

脱水が完了したら、毛並みを整えるのに
もう一度ブラッシングしましょう。

この時柔らかい毛のブラシが
好ましいですが、ない場合は、普通の
ブラシでさっと梳かす程度に。

後は形を整えて風通しのいい場所に
置いて、陰干しで乾かしましょう。

 
ん?日がよく当たった方が早く乾いて
いいんじゃないの?

こう、考える人も少なくはないでしょう。

 
ですが、日差しので水分を飛ばすとなると
その熱でぬいぐるみは乾く前にうっすら
日焼けしてしまいます。

日向で干すというのはぬいぐるみにとって
日焼けサロンに行くようなもの。

もともと茶色っぽくても日焼けしたものは
ちょっとムラができてしまい、きたなげ
なってしまいます。

なので、適度に風が通る部屋か、日が
当たらないベランダなどに干しておくと
いいでしょう。

 
1日か2日あれば乾くでしょうが
こればかりはぬいぐるみの大きさによって
変わってしまいますので、要観察です。

 

ぬいぐるみを洗う:番外編

さて、洗う前にタグを確認し水洗いの
可不可を確認し、洗ってはダメなものを
あげました。

そんな中でも

  • 中に精巧な機器や紙を使用している
  • おっきい(または特大)
  • アンティークもの

以上のものは難しいですが、それ以外のなら
水を使用せずに洗うことが可能です。

用意するものは洗うぬいぐるみより
大きな袋重曹を適量です。

袋にぬいぐるみと重曹を入れて振るだけの
簡単洗濯ですが、デザインによっては重曹
行き渡らないので、揉み込み必要です。

揉み込みフリフリしたら、30分くらい
放置し、汚れを吸着した重曹をはたきます

 
この作業はベランダなど掃き掃除がしやすい
場所で行うといいですね?ぬいぐるみに
残った重曹は掃除機で吸ってきれいに。

これで水を使わない洗濯は終了です。

 
お疲れ様でした

ここまで文字ばかりでしたので
ちょっと動画を用意してみました。

この動画は重曹で洗うバージョンですね。

ただ、今回ご紹介したのとは違って
放置している時間は2時間

放置中も思いだした時に
シャカシャカ振ってあげるということ。

後は粉を払って、掃除機かけて
最後に濡らして絞ったタオル
ごしごししています。

掃除機で粉が取りきれなかった時は
この方法も試してみてくださいね。

おわりに

いかがでしょうか?

ぬいぐるみの洗い方、あるものだと
思いませんか?
 

生き物に似せたひな形にはがこめやすいと
言われることもあるようにぬいぐるみには
心が宿りやすいと考えられます。

そんな大切なものを汚いままにしておくのは
気が引けますよね?

これを機に洗濯してみてあげてください。

 

知人はぬいぐるみの個数の関係から
丸洗いは週に1,2回で干している間は
違うぬいぐるみで遊ばせているそうです。

その違うぬいぐるみも、遊び終わったら
重曹と一緒に袋に入れて子供さんと一緒に
うりゃーっと振り回して楽しくお手入れ

知人は優しく手洗いするだけで
ふわふわって保てるんだねと言って
嬉しそうにしていました。

ごわついて見えるのは子供の唾液などで
1回湿って乾いたためにそう見えたのだと
思われます。

 
きちんと洗ってやればちゃんと元通りに
なりますし、ブラッシングを毎日してやれば
そうそう汚れはつきません。

あなたも大切なぬいぐるみを思うなら
大切に洗っていつまでも一緒にいて
あげてくださいね。

スポンサーリンク

 - 未就学児のママ向け, 赤ちゃんのママ向け