俳句の作り方って難しい?中学生もマスターできる基本のキ!

   

スポンサーリンク

夏休みに入ったかと思ったら、早速、
中学生の甥っこが、頭を抱えて
相談にやってきました。

 
夏休みの宿題に、俳句が課されたとか。
そう、彼の悩みの種は俳句だったのです。

今まで一度も俳句を作った事が無いから、
どこから手をつけたらいいのか、
さっぱり分からない。

分かるのは、
5・7・5の17文字、という事だけ。

 

よし!ここは一つ、叔母さんが一肌脱いで
俳句の作り方を調べてあげよう。
きっと、中学生でも簡単に作れるはず!

というわけで、俳句の作り方を調べたので、
ご紹介しますね。

意外と、ハマるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

季語を1つ使う

俳句には季語といって、季節の言葉
必ず1つ、入れましょう。

 
季語は正確には、決められた言葉があり、
歳時記に記載されているのですが、

初心者であれば、季節の言葉を思い浮かべて
入れれば大丈夫でしょう。

 

例えば、夏の俳句を作りたいのであれば、

夏・夕立ち・雷・アイスクリーム・ラムネ
アイスコーヒー・アイスティー・ソーダ水
ビール・ゼリー・水ようかん・密豆・氷水
(かき氷の事)・甚平・半ズボン・日傘
夏服・扇風機・冷蔵庫・祭・夜店・蚊・団扇
プール・キャンプ・夏休み・サングラス
浴衣・金魚・熱帯魚・雨蛙・蟹・蝉・蛇
夏みかん・夕顔・トマト・パイナップル

沢山ありすぎて、キリがないのですが
ざっと挙げるとこんなところでしょうか。

 
この中で、あれ?夏の定番とも言える、
朝顔がない!と思った方、いませんか?

朝顔は実は、夏ではなく秋の季語なのです。

 

を季語として入れようとすると、
意外と、普通の感覚と違う事が多いので、
初心者の場合は、避けた方が無難でしょう。

 
因みに歳時記をネットで公開している
NPO団体がありますので
参考にしてみてくださいね。

きごさい歳時記 http://kigosai.sub.jp/

季語は1つと言いましたが、
昔の俳人には、季語を2つ入れた句を
作った人もいます。
 

ですが、一般的には季重ねと言って
タブーとされますので、これも避けましょう

かな けり なり や など 感動表現や 体言止め で終える

俳句は5・7・5の17文字で構成されます。

 
例えば、友達と待ち合わせている間に
アイスクリームを食べていたけど、友達は
なかなか来ず、その間にアイスが溶けてきた。

アイスも溶けてきたし、早く来ないかなぁ・・・
そんな気持ちを、俳句で表現したい時、

『待ち合わせ アイスクリーム 溶けてきた』。
これでは、俳句というよりは
単なるつぶやきっぽいですよね。

 

これを次のように変えるとどうでしょう。

『待ち合わせ アイスクリーム 溶けにけり』。

意味は同じですが、アイスが溶けてきた、
早く来ないかなぁ・・・という印象が、
詠んだ人に、より一層強く伝わります。

このように、伝えたい部分をはっきり
させたい部分には、「かな・けり・なり」等の
切れ字をもってくるといいでしょう。

 

また、とある小学生のこんな俳句があります。
『この雪は 空からもらった プレゼント』。

これは、最後が名詞で終えていますね。
体言止めにする事によって、余韻を残し
詠む人に印象を与える、作り方です。

 
因みに、これはウン十年前の私が、
小学生だった頃に、暖冬だった年の
初雪に感動して、作った俳句です(笑)。

スポンサーリンク

言葉の変換

俳句はたったの17文字で表現しなくては
ならないことは、散々述べてきました。
 

なので、「アイスクリーム」を季語に
入れたいけど、他にも表現したい事がある時、

アイスクリームを「氷菓」と
言い換える事もできます。

その分、浮いた字数で他の表現が
可能になる
わけです。

 
私には、俳句を作る才はないので、
例句を作ることはできません。
あしからず。

その時に役立つのが、やはり歳時記です。
歳時記には、夏でも初夏の季語や晩夏の季語、

その他、使い方や過去に作られた俳句が
記載されているものもあるので、

類句といって、似ている句を作るタブーを
避ける
こともできます。

 

推敲と誰かに聞いてもらう

出来た俳句は、必ず誰かに
声に出して、聞いてもらってください。

 
自分は、こういうつもりで作ったけど、
他人がきくと、全然違う風に聞こえる、
という事、よくあります。

本人がそれで良ければ、構わないのですが、
意図する所と、全然違う解釈になるのなら
困りますよね。

 

なので、出来た俳句はよく推敲した上で、
恥ずかしくても、必ず誰かに声に出して
(これ、大事です)
聞いてもらってください。

39eaede70cc2101a2c99384a0200eaf1

さいごに

調べるほど、色んなことが分かりましたが、
要は、季語さえ入っていれば何とかなります

ただ、ファッションにもトレンドの先取りが
あるように、俳句にも先取りがあります
少し先の風景を想像して、詠んでもOK。

 
夏休みの宿題にもし3句、
課されているとしたら、その内2句は、
晩夏の句を作ってみると、

お!こいつは俳句を分かってるな!と、
国語の先生なら、分かってくださるはずです。

 

もっとも、甥っこはそんなことしなくても
ギリギリにならないと出来ないので、
大丈夫でしょうが・・・

と、作り方を教えてあげたら、どうやら
体言止めにハマったらしく、一生懸命に
考えているようです。

どんな俳句が出来るのか、楽しみです。

スポンサーリンク

 - 中高生のママ向け ,