Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

砂場の簡単な作り方!ベランダに設置する時の注意点!

      2016/09/15

スポンサーリンク

こどもは砂遊びが好きですよね。

138982-300x300

それは公園で遊ぶのだけにとどまらず
に行っても、じりじりした日差しの下で
もくもくと砂遊びをしている子を見ます。

で、がきて崩れて泣いてしまう
というパターンも、あったりして。
 

からある遊びのひとつですが、砂遊び
実は、こどもの五感を刺激

脳の発達を促すなどして、想像力
かき立て、空間認知力が育つといいます。

 
さらに外で太陽の光にあたることで
ビタミンDの形成が促され

成長に欠かせないカルシウムとあわさって
お子さんの健やかな成長が望めます。

自然や土といった天然の細菌
触れることによって自然と免疫力
つきますので、砂遊び、おすすめです。

 

ですが、中には諸事情で公園などの
砂場がある場所に、こどもを連れていけない
場合も、ありますよね?

下の弟や妹が、まだ小さくておぶって
公園まで行くのが困難だとか
近所にそもそも公園がないとか、ですが。

そんな場合はベランダに即席の砂場
作ってしまいましょう。

 

簡単な方法ですので、忙しいママでも
休日に家で休んでいるパパに頼んで
材料を買ってきてもらえばそれでOK!

あとは、こどもがお昼寝している間に
ちゃちゃっと作ってしまいましょう。

スポンサーリンク

砂場作り

まず、用意するものですが

  • 砂(殺菌砂か遊び砂) 80から100リットル
  • ビニールプール 直径80から90×深さ25㎝
  • ふた付きキャスターケース(砂保管用)
  • ビニールのシート プールより広いもの1枚
  • おもちゃのバケツやスコップ

以上が最低限必要なものになります。

スコップやバケツなど、おもちゃがあると
砂場遊びが楽しくなりますね。

191030-300x300

作り方

  1. ビニールシートをベランダに敷きます
  2. プールをふくらませて、シート上に設置
  3. 砂をプールの7から8分目くらいまで入れる

以上で完成です。

 
手抜き?とも思われそうですが
これで結構しっかり遊べます。

計算上は145から150リットル入るので
それなりに丈夫な作りになっています。

そうそう、めったなことでは壊れません

 
そう、例えば、スコップが削れてザラザラの
状態であり、何度も同じ場所
その削れた面で叩かれたりしないかぎりは!

スポンサーリンク

砂・道具・衛生面について

砂は、ホームセンターなんかでも
売っていますし、トイザらス抗菌の砂
20㎏2,499円(税別)で売っています。

リットルに直すと、10リットルくらいでしょうか?
とても足らないですし、もったいないです。

なので、砂遊び用の安い砂ではなく
リットル単位で、お買い求めください。

 

さて、使っていないものがありますね。

ふた付きのキャスターケースは、砂を
保管するのに、適しています。

ベランダ砂場使わない時
ケースに入れて、片付けておきましょう。
 

こどもと一緒にするとなお、いいですね。

お片付けの勉強になりますよ。
 

砂に関しては、ただの遊び砂では衛生面
気になるママも多いでしょう?

砂は、数日に一回天気のいい日
ケース保管時に、熱湯をかけて天日干し
して、乾燥させれば消毒ができます。

ベランダ砂場の注意点

遊んでいる時って、大人もこどもも
つい、夢中になってしまいますよね?

そうなると、ついうっかり、羽目を外す
ではないですが、どうしても暴れて砂が
飛び散ってしまいます。

さらに砂そのものを遊び道具にして
ベランダの外に投げてしまっては大変です。

 
なので、ビニールシートが必要なのです。
これを敷いているのと、いないのとでは
掃除のしやすさも違うと思います。

 
それよりも、さらに注意が必要なのが
集合住宅でのベランダ砂場です。

集合住宅にお住まいの方は、大家さん
下の階の住人に砂場を作ってもいいか?と
いうのを確認しておかなければなりません。

 
万が一、下の階のベランダに砂が飛んだ時
洗濯物に砂がついては迷惑ですから。

面倒だからこっそりやろう、なんてことは
考えてはいけません

常識のある大人として、そこは
筋を通すべきですので、確認を取るように
してください。

 

集合住宅の場合は特に、ベランダや階段は
共有スペースだと思われる方がほとんどです。

そうした場合は、残念ですが
断念しましょう。

それがルールですので。

 

本格的に作るなら

最後にちょっと付け足しですが、もし
本格的にDIYで、に砂場を作るのであれば
木材を組んでを作りましょう。

  1. 丸太に防腐処置用の薬剤を塗り、並べます
  2. 金具で固定して、転がらないようにします
  3. 砂を入れて、完成です

 

下に詳しい作り方の動画を用意しました。

一度、参考に見てみられると、イメージが
湧きやすく、プールの砂場にも応用できる
砂の調達方法が記されています。

予算が……、という場合はこの方のを参考に
して、砂を調達するのもいいですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

お家のベランダで砂場、案外簡単にできると
思いませんか?

と、いうより、簡単なものをご紹介
したのですが。

家の周りに土いじりができる環境があると
やはり楽しさが違いますよ。
 

我が家は、花壇や畑があって
小さいころから泥まみれでたっぷりと
遊んだ記憶があります。

こどもを遊ばせてあげられる公園が
遠かったりなかったりして困っている
そんな時は、ぜひ、試してみてください。

 

ただ、集合住宅の場合には、階下やお隣さん
大家さんの承諾をえてからにしましょう。

手作りの砂場でこどもと一緒
楽しく砂遊びが出来るといいですね!

スポンサーリンク

 - 未就学児のママ向け, 赤ちゃんのママ向け