Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

子育て中はなぜ夫にイライラ?育児相談が夫婦円満の鍵!

   

スポンサーリンク

1歳の女の子を育てている妹が、
相談にやってきました。

 
最近夫の行動にいちいち、
イライラしてしまうそうです。

ottoga-thumbnail2-300x200

妹「たとえば、夫が帰るのが
  ちょっと遅いだけで、
  とてもイライラするの。

 『おかえりなさい。』
 ではなくて『遅いわね!』と、
 いってしまうの。」

 
私「B男さんが、仕事で遅くなって
  帰ってくるのはしょうがないわよね。」

 
妹「もともと仕事が忙しく、
  帰宅はいつも遅くなることが、
  わかっているのよ。

  遅くなることがわかっていても、
  腹が立つの。

  一言いわずには、
  いられなくなるのよ。
  
  どうしたらいいの?」

 
私「困ったわね。」

 
妹「最近は喧嘩も絶えなくて、
  険悪な雰囲気になりつつあるの。」

 
私「それはちょっとまずいわね、」

 
妹「休みの日には、夫は寝ているだけで、
  育児はあまりしてくれないし。

  たまにおむつを取り替えてくれるけれど、
  夫がもたもたしているのを見ると、
  余計に腹が立ってしまうの。」

 『全く、役に立たたないんだから』と、
  いってしまうの。」

妻が夫にイライラする原因は、
どこにあるのでしょうか?

スポンサーリンク

夫への攻撃はこれが原因!

妹への返答に困った私は、
保健所で子育て相談をしている、
Aさんに相談に行くことにしました。

 
Aさん「本当はご主人と協力しあって、
    育児をしたいと、
    思っているのですよね。」

 
妹「本当はそうなんです。

  でもなんだかイライラしてしまい、
  喧嘩がたえなくて。」

 
Aさん「0歳から2歳までの、子供を
    育てている夫婦に最近、
    離婚が増えているのをご存知ですか?

   これを産後クライシスとよんで、
   今社会問題にもなっています。

 
私「知りませんでした。」

 
Aさん「オキシトシンって、
    聞いたことありますか?

    オキシトシンは出産の際に、
    子宮を収縮させて、胎児を誕生へと導く
    大切なホルモンなんです。

    産後も赤ちゃんと、
    スキンシップをしているときに、
    たくさん分泌されるホルモンです。

    幸せホルモンともよばれています。」

 
妹「そうですね。

  スキンシップしたり、
  抱きしめたりしていると
 『幸せ』を感じます。」

 
私「それなのに、
  なぜイライラするのかしら?」

 
Aさん「実はオキシトシンには、
    攻撃性もあるんです。」

 
私「えっそうなんですか?」

 
Aさん「大切に思った人がいると、
    その人のために、
    なにかしてあげようと思うでしょう。
    
    オキシトシンは、
    それを邪魔しようとした第三者を、
    攻撃する作用があるのです。

    自分には何の被害もなくて、
    相手にも特別非がなくても、
    攻撃的な行動をすることがあります。」

 
妹「ええっ!」

 
Aさん「ご主人は、育児に非協力的で、
   イライラさせる有害な存在となり、
   攻撃の対象になってしまったのです。」

私たちは初めて聞く内容に、
ひどく驚きました。

スポンサーリンク

これで解決!夫婦円満に!

Aさん「ご主人も本当は、
    協力しあって育児をしたいと
    思っていますよ。」

妹「ではどうしたら、
  いいでしょうか?」

 
Aさん「まずはご主人に、
    育児相談について、
    話を聞いてもらいましょう。

    ご主人がじっくり話を聞いてくれたら、
    オキシントンの攻撃性は、
    愛情に代わっていきます。

    リラックスして話をきいてもらい、
   『よく頑張っているね、大変だったね。』と、
    いってもらえたらいいですね。

    きっと、気持ちももっと
    おだやかになると思いますよ。

    お子さんが寝た後にでも、
    少し時間を作って
    話をしてみてはいかがでしょうか?」

 
妹「なんだかジーンと来ました。」

 
Aさん「育児が大変なのは、
    ほんの一時です。

    夫婦で協力して
    乗り切っていきましょう。」

 
妹「夫と相談する時間を、
  なるべく作っていくように、
  努力します。」

 
私「私も協力します。」

Fotolia_16320460_XS-300x199

まとめ

オキシトシンは出産時には、
とても大切な役割をします。

産後も赤ちゃんを一生懸命、
守ろうとするホルモンなのです。

つまり、母性の高まりがイライラの
原因だったのです。
 

赤ちゃんとスキンシップするときに、
「幸せホルモン」がでるように、
夫婦間でもスキンシップしてみてください。

「幸せホルモン」のオキシトシンが分泌され、
が深まります。

手をつなぐ、そっと手を添える、
あるいはマッサージでもいいので、
軽いスキンシップをしてみてください。

 

妹の場合は、夜子供が寝た後、
育児相談をきいてもらうことで、
イライラも減ってきたそうです。

イライラが減ることで、
夫婦の中も良くなってきたようで、
本当に良かったと思っています。

スポンサーリンク

 - 未就学児のママ向け, 赤ちゃんのママ向け ,