Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

妊娠したら必読!検診の費用は保険の対象外?節約のコツ3選!

   

スポンサーリンク

妊娠2ヶ月になる友人と、先日電話で話した際、
妊婦検診について、質問されました。

 

「毎回、検診費用がかなりかかるんだけど、
節約方法ってないの?」という、切実な質問。

妊婦検診は、基本的に健康保険の対象外で、
時には、1回の検診で1万円なんて事も…。

 
出産や、子育ても控えている妊婦さんにとって、
できるだけ、検診の費用は抑えたいものです。

スポンサーリンク

そこで、私が妊娠・出産時に駆使した
節約方法3選を、お教えします!

 

1.妊婦健康診査受診票

これは、いわゆる検診の補助券

住民票がある地方自治体ごとに、多少違いは
ありますが、どの自治体からも発行されています

 
妊娠10週くらいで、医師からもらえる
妊娠届を、最寄りの役所に提出すると、
この妊婦健康診査受診票が、もらえます。

 

しかし、妊婦健康診査受診票をもらうまで、
検診費用は、自費になっています。

 
だからといって、検診に行かないということは、
してはいけませんよね?

妊娠の可能性に気づいたら、できるだけ早く、
病院へ行き
、申請できるようにしましょう。

受診する病院や、産婦人科によって
検診費はバラバラなので、事前に、
先輩ママから、情報を集めておきましょう

 
ちなみに、妊婦検診は14回まで受診票で無料

 

私は、妊娠8ヶ月ほどで、県外の実家へ
里帰り出産をしました。

その際、補助券を使用するにあたって、
以下の、2つの方法があります。

  • 補助券を引き続き使えるよう、手続きをするか、
  • 里帰り先に住民票を移し、補助券を新しくもらうか。

私の場合は、出産後もしばらく実家にいるつもり
だったため、一時的に住民票を移しました

出生届などの申請も、その方が楽だったからです。

 
これは、産後の生活も考えて、便利な方法を
夫婦で検討すると良いと思います。

スポンサーリンク

2.出産育児一時金

こちらは、出産や育児の負担をカバーするため、
健康保険から、1児につき42万円支給されます。

健康保険に加入していれば、その種類に関係なく、
支給されるため、必ず申請しましょう

 
出産育児一時金は健康保険の適用外である検診、
分娩、入院費などをサポート
してくれます。

 
ちなみに、1児につき42万円なので、
双子の場合は、2人分が支給されます。

 

この出産育児一時金は、ママの所属によって、
申請や受給先が違うので、注意が必要です。

 
ママ自身が、会社員・公務員の場合、
加入している健康保険・共済組合に申請します。

自営業の場合は、国民健康保険に、専業主婦や
パート・アルバイトだと、パパが加入している
健康保険
から申請し、受給します。

 
実際のところは、分娩と入院費で、
42万円
近くなってしまいます。

検診費は前述した、妊婦健康診査受診票で、
カバーすると良いでしょう。

 

3.医療費控除を受ける!

これは、会社員の家族だとあまり、
慣れないかもしれません。

確定申告の際に、医療費控除も申請をすると、
払い過ぎた医療費の一部が、戻ってきます!

 

妊娠・出産に関して、医療費控除の対象に
なるものを、以下に記しておきます。

  • 自治体の補助券分を差し引いた妊婦健診費用
  • 入院・通院のための交通費(公共交通機関利用)
  • 陣痛時のタクシー代
  • 病院で出た食事代
  • お産の費用(普通分娩・帝王切開とも)
  • 不妊治療・人工授精費用

意外と、基本的な費用は対象になります。

 
他にも、場合によって対象になることもあるので、
少しでも疑問に思ったら、税務署に
問い合わせてみる
ことを、オススメします。

 

私は、腰痛を医師に相談したところ、
骨盤ベルトを勧められ、購入。

その費用も、対象になるか税務署に、
尋ねたところ、あっさりOK

医師の勧めは、基本的に対象になるそうです。

 
この医療費控除、面倒ですが、
自分で申請しないと、お金は戻って来ません。

慣れないですが、3月までの申請時期を逃さず
申請しましょう。

 

まとめ

妊娠、出産と喜ばしいことですが、
お金の心配は、絶えないものです。

 
わが家も、そうでした。

妊娠がわかってから、いろいろ調べて、
これらを実践した結果、約6万円ほど
節約に成功!

知っておくに、越したことはないと思いませんか?
この節約方法を実践して、経済的にも安心して、
赤ちゃんを迎えましょう!

スポンサーリンク

 - まだお腹の中 ,