英検2級のレベルとセンター試験!どっちが難しい?

      2016/06/02

スポンサーリンク

もうすぐ大学入試センター試験
始まります。

我が家の娘も、来年の今頃は
センター試験を受けているんだろうな。

「センター試験って難しいよね?」

「お母さんは、私大だったから
  センター試験受けてないのよ。」

「友達が、英検2級持ってると
  センター試験なんて楽勝、って
  言ってるんだけど。」

「え?そうなの?同じレベルってこと?
  でも試験内容だって違うんじゃないの?」

「友達は、今から英検2級取ろうとしてるよ。」

「今から?それよりも受験勉強した方が
  いいんじゃないの?」
 

同じ英語とは言っても、英検とTOEICだって
出題内容が違うし、センター試験だって
それ用の勉強が必要な気がしますよね。

本当に友達が言うように、

英検2級でセンター試験の対策が
できるのか、難易度に違いがあるのか

調べてみなくちゃ!

スポンサーリンク

英検2級とセンター試験

英検2級とセンター試験の、出題範囲
2級を持っている人の、センター試験での
得点を紹介します。

英検2級の出題範囲は、高校卒業程度
センター試験は、高校2年生程度
言われています。

では、英検2級に合格した人の
センター試験の得点はどのくらい
なのでしょうか?

155302-300x220

英検2級取得者のセンター試験の得点

試験内容も、少し違うので
一概に比べられませんが、

英検2級、準2級を取った人がセンター試験を
受けた時の、得点をまとめた表
ありますので、紹介します。

 

英検2級の取得者が5人と少ないですが、
準2級から2級に上がると、平均でも
20%ほど得点率がアップしています。

また、知人の塾講師は、英検2級を持っていて
センター試験対策をしておくと、
平均180~200得点は取れると、話していました。

上表を見てもわかりますが、
対策してない場合でも、
平均140~160得点は取れているようです。

スポンサーリンク

どちらが難易度が高いのか

よく英検2級とセンター試験が
比べられています。

でも英検とセンター試験では、
試験内容が違います。

英検は一次、二次と2回の試験
ありますが、センター試験は
1回の試験だけです。

試験内容も比較してみましょう。

 

英検2級

  • 一次試験:筆記とリスニング
  • 二次試験:面接形式のスピーキングテスト
    (英会話での面接試験)
  • 語彙が多く、実用的な内容です。

合格ラインは、満点の60%前後です。

 

センター試験

  • 筆記とリスニング
    あまり実用的ではなく、
    ※どちらかと言うと、試験英語と言う感じです。

センター試験は、受験する大学によって
合格ラインが変わります。

難関の大学に進学する場合、
85%以上の得点が必要になります。
(250満点中210点以上)
 

英検2級は60%くらいの得点で
合格できますが、

英会話での面接があるところが、
難関ポイントかもしれません。

センター試験は、受験する大学によって
60%で良い場合もあれば、
80%でもギリギリの場合もあります。

 
試験内容の違い、
実用英語の英検と、試験英語のセンターと言う
違いがありますので

センター試験用の勉強、英検用の勉強
という、対策を取る必要があり、

どちらが難易度が高いか、と言う結論
つけるのは、難しそうです。

 

まとめ

「やっぱり、英検とセンターは違うよ。
  もともと英検を持ってたら、確かに
  有利かもしれないけど、

  わざわざセンター試験のために、
  英検2級の勉強をするのは、無駄
  なっちゃうわよ。」

「そっか、じゃあ友達にも教えてあげるわ。」

「うん、やっぱりね、センター試験には
  センター試験用の、勉強と対策をしないと
  良くて60%くらいしか取れないみたいよ。」

「わたしの志望校は、60%じゃ足りないから
  やっぱり受験勉強はセンター試験1本
  行かないとダメね。」

スポンサーリンク

 - 中高生のママ向け