Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

子連れの飲食店での食事はまわりが迷惑!マナーをどうするべき?

      2016/02/05

スポンサーリンク

実家に帰って、母とお茶をしていたときのこと。

母「友達2人と久しぶりに、
  居酒屋で、食事しようとなったのよね。
  駅前の居酒屋に、19時に入ったのよ。

  30分後に、隣の席に、若いお母さんと
  子どもの2組が座ったんだけど、
  まぁ、うるさかったわ。

  間は、つい立てで仕切ってあるだけだし、
  子どもは食事が済むと、走り回っちゃってね。

私「お座敷?」

母「そうよ。子どもといっても、
  まだ3か、4歳ぐらいかしらね。」

私「で、その子連れは、いつ帰ったの?」

母「こっちが嫌になって、20時半に店を出ちゃった。
  ま、そのあと喫茶店に入って、
  落ち着いて、おしゃべりできたけどね。
  
  あんな時間まで、子どもを
  起こしていいのかしらね~?」

私も、子どもを持つ母親です。
飲食店では、子どもがはしゃぐと
まわりは迷惑ですよね。

親は、子どもがあきないように、
ぬり絵や色鉛筆を、用意したり、

飲食店側も、おもちゃをサービスするなど
工夫しているところも。

 
でも、やはり最低限のマナーは必要ですよね。

特に迷惑だという声が多い、居酒屋では
どうしたらいいのか、調べてみました。

スポンサーリンク

居酒屋でのマナーは?

独身時代に、会社帰りに居酒屋に行った時も、
そんな子連れいたなぁ、なんて思い出しました。

中には、きちんと、子どもがまわりに
迷惑をかけないように、見ている方
もいましたが、

そういう方は、やむを得なかったのかな、
と思ったりしました。

なんにしても、夜の居酒屋は、
大人の場所であることを、
まず、わきまえて欲しいです。

 

どうしても飲みたい!というのであれば
子どもの睡眠時間を、ずらさないように
時間を選択すると、いいですね。

大体、17時または17時半から
開店しているお店が多いので、

17時に入店して、19時前後に帰宅なら、
周りのお客さんも、大目に見てあげられますよね。

 
でも、迷惑をかけない、というマナーは必要ですよ。
親がお酒飲んで騒いで、育児放棄は見苦しいです(^^;

実は、乳幼児から成長期の子どもの睡眠は、
心身の発育に関わる、成長ホルモンの分泌が
盛んに出る、大切な時間なのです。

夜9時には熟睡できるように、
子どもの睡眠環境を、整えてあげるのは
親の務めだと思いますよ。

 

さて、居酒屋ってランチもやっている
ところが多いのです。

ママ友の間では、個室がある
居酒屋ランチが、大人気なのです。

私も、よく利用させてもらいました。

キッズ用メニューや、ベビーカー置き場を、
用意してくれているところも!
離乳食持ち込みOK、なんていうのもあります。

もし、離乳食持ち込みが不可の場合、
離乳食に使えるメニューが、あるか確認を
しておくといいですね。

 
また個室なら、子どもが騒いでもまず大丈夫。
子どもが、個室から脱出するときもあるので、

油断なりませんが、
店の中を、走り回ることはやめさせましょう。

小さな子どもが食べた後は、
必ず、食べこぼしがあるものなので

店を出るときは、周囲や足元を確認して、
拭いておく
といいです。

 

こういったマナーは、居酒屋ランチに限らず、
どの飲食店でも、共通のことなので

少しの気遣いで、まわりのお客さん、
お店のスタッフとの、良好な関係が
できると思います。

ママのリフレッシュは、
ぜひ、昼間の時間帯を利用しましょう!

スポンサーリンク

子連れNGの飲食店の存在は?

子連れ歓迎の飲食店があるのと、同様に
子連れNGのところもあります。

静かな雰囲気で、サービスを提供する
お店に多くみられます。

理由は、もちろん、子どもが騒ぐ、うるさいからで
他のお客さんからの、クレームの元になるからです。

「うちの子はおとなしいから、入店させて。」
というのも、やっぱりダメなのですね。

子どもが、おとなしい、静かかどうかは
お店側がわかることではないし、

いったん、その子どもの入店を許してしまうと
他の子どもを、断るわけにもいかなくなります。

「子連れNGを明示しているお店は、
 法的には、問題がないといえます。

 けれども、対象年齢をはっきりさせ、
 お断りの範囲を明らかにするべきでは。」

という、弁護士の意見もありました。

 

さいごに

飲食店ではなく、宿の話になってしまいますが、
某スキー場の、近くにある旅館は
食事も、温泉も、雰囲気もすべて良し。

なのに、宿泊料金は内容から見て
リーズナブルなのです。

当時は、宿泊できるのは中学生以上から。
子連れファミリーは、泊まれなかったのです。

もちろんウェブに理由は、明記してあって、
旅館なので、雰囲気を大事にしたい、
お客様をきちんともてなしたい、とありました。

なので、うちの子が中学生になったら
ぜひ行きたい!と、楽しみに思っていた
旅館だったのですが…。

今、思い出してウェブを見たら、
いつの間にか、赤ちゃん連れ、
子連れOKになっている!

宿の意識を変えたのは、何があったのか?
すごーく、気になります…。

スポンサーリンク

 - 赤ちゃんのママ向け