Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

幼稚園の役員決め!年少でやったほうがいい?

   

スポンサーリンク

もうすぐ子どもが、幼稚園に入園します。

そこで気になっているのが、
幼稚園の役員決めのこと。

 

私の場合は、仕事をしているので、
家族からは、役員を断るように言われています。

でも、3年間ずっと断り続けるのは、
他のお母さん達から、反感をかうのではないかと、
今から心配です。

 

いっそのこと、立候補してでも、
年少で役員をやったほうがいい気がします。

役員って、どれほど大変なのでしょうか?

同じ幼稚園に通う、先輩ママがいるので、
話を聞いてみました。

スポンサーリンク

幼稚園の役員は年少がオススメ?

先輩ママは、
「幼稚園の役員は、
年少でやるのが、私はオススメだよ!

年長になると、役員から会長や副会長
選抜されるから、少し荷が重いかも。」

と、教えてくれました。

 

私の幼稚園では、仕事をしているからといって、
役員を免除されることは、ありません。

やる気があるなら、早めに立候補して
役員をやってしまった方が、後が楽だよと、
先輩ママは、話していました。

スポンサーリンク

年少で役員をやるメリット

年少で役員をやるメリットについて、
先輩ママに、話を聞いてみました。

 

知り合いが増える

入園する時って、知り合いも少なくて、
ママも子どもも、不安ですよね。

役員になれば、同じ役員のママさん達と、
自然に仲良くなることができます。

幼稚園で知り合いが増えると、
子ども同士を遊ばせられたり、
ママ同士も情報交換できたりと、楽しいです。

 

役員の仕事がやりやすい

幼稚園での人間関係などを、よく知らないうちに
役員をやってしまった方が、
役員の仕事がやりやすいです。

誰と誰が仲がよい、または仲が悪いなど、
様々な人間関係がわかってくる年中以降は、
何かを気を遣ったり、面倒なことが多いです。

 

気が楽

年少で役員をしていれば、年中・年長の
役員決めの時に「当たったらどうしよう」と
悩まなくていいので、気が楽です。

もし役員が楽しかったり、仲の良いママができれば、
役員を続投する選択もできます。

 

困ることやデメリット

年少で役員をやるメリットについてご紹介しましたが、
困ることやデメリットについても、触れておきます。

 

子どもがなれるまで大変

年少の子どもは3~4歳で、何かと手がかかります。
子どもが園になれるまで、幼稚園に行きたくないと
言ったり、泣いたり、大変なこともあります。

まだまだ子どもの手がかかる、年少で役員をすると、
子どものお世話と役員の仕事で、お母さんによっては、
負担が大きいことが、考えられます。

 

仕事との両立が大変

仕事をしながら、幼稚園の役員の仕事をするのは、
やっぱり大変です。

ワーキングママが多い幼稚園では、
仕事で役員の集まりを休んでも、理解を得られますが、
専業主婦が多い幼稚園では、風当たりが強いです。

 

免除制度がない場合もある

幼稚園によっては役員の決め方が異なり、
年少で役員をしたからといって、
年中・年長での、免除制度がない場合もあります。

役員決めの前に、幼稚園や先輩ママから
情報収集するなどして、免除制度がない場合は、
年少で立候補するメリットは、少ないと思います。

 

まとめ

幼稚園の役員は年少でやったほうがいいのかと、
そのメリットについて、
先輩ママに聞いた話を、まとめてみました。

 

話を聞いてみて、年少で役員をやってしまった方が、
気持ち的にもスッキリして、
幼稚園ライフを楽しめると、思いました。

役員決めの時に、自分から立候補して、
年少のうちに役員をしてみようと、思います!

先輩ママからも、
「やる気があれば大丈夫!応援しているよ!」
と、励まされました。

 

もし、幼稚園の役員決めで悩んでいる方は、
ご紹介した内容を、是非参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

 - 未就学児のママ向け , ,