Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

子供料金は何歳から何歳まで?乗り物編!

   

スポンサーリンク

子供と一緒に、電車飛行機などの
公共の乗り物を利用する時、子供には、
子供料金」が、かかりますよね。

ただ、生まれてすぐの、まだ歩かない
赤ちゃんなどは、無料ですよね。

赤ちゃん

では、乗り物の子供料金は、何歳から何歳までで、
金額は、どのくらいなのでしょうか。

 
ここでは、電車と飛行機の子供料金が、
何歳から何歳までなのかと、
その料金について
、ご紹介します。

スポンサーリンク

電車(JR)の場合

何歳から何歳まで?

電車の場合、子供の区分は、以下の通りです。

  • 大人 12歳以上(12歳でも小学生は「子供」)
  • 子供 6歳~12歳未満(6歳でも幼稚園児は「幼児」)=半額
  • 幼児 1歳~6歳未満=無料
  • 乳児 1歳未満=無料

 

子供料金

乗車券、特急券、急行券、指定席の子供料金は、
大人」の半額です。(5円の端数は切り捨て)

ただし、グリーン券、グランクラス、寝台券、
乗車整理券、ライナー券は、大人と同額です。

 

幼児・乳児の料金

幼児、乳児は基本無料ですが、
以下の場合は、子供料金が必要になります。

大人または子供1人に同伴される、幼児の人数が
3人以上の場合は、3人目から、子供料金が必要です。

 

この文章では、わかりにくいと思いますので、
いくつか、例をあげて説明します。

  • 例1:大人1人、幼児2人の計3人で乗車する場合
    大人1人につき、幼児2人まで無料ですので、
    大人1人分の料金です。
  •  

  • 例2:大人1人、幼児3人の計4人で乗車する場合
    大人1人につき、幼児2人まで無料ですので、
    3人目からは、子供料金がかかります。
    大人1人+子供1人分の料金です。
  •  

  • 例3:子供2人、幼児4人の計6人で乗車する場合
    子供1人につき、幼児2人まで無料ですので、
    子供2人分の料金です。

 

また、幼児・乳児が、1人で指定席、グリーン席、
(自由席グリーン車を除く)、寝台などを
利用する場合は、子供料金になります。

この他に、幼児が1人で乗車する場合は、
子供料金が必要になります。

スポンサーリンク

飛行機の場合

何歳から何歳まで?

飛行機の場合、子供の区分は、以下の通りです。

  • 大人 12歳以上
  • 子供 3歳~11歳=半額
  • 幼児 0歳~2歳=無料

電車と違い、「12歳でも小学生は子供料金」
という区分はなく、すべて年齢で判断されます。

 

子供料金

飛行機は、電車と違い、小学生以下でも、
3歳以上なら、子供料金が必要です。

 
安全上の観点から、3歳以上を膝の上に乗せて、
搭乗することもできません。
大人と同じように、座席の確保が必要です。

 
また、子供料金には「先得」「旅割」などの
割引料金がないため、子供料金を利用するよりも、
大人の割引料金を利用した方が、安い場合もあります。

子供の飛行機を予約する際は、子供料金と
大人の割引料金を比較し、安い方を選びたいですね。

 

幼児・乳児の料金

幼児、乳児は基本無料ですが、
以下の場合は、子供料金が必要になります。

大人1人に同伴される、幼児(乳児)の人数が、
2人以上の場合は、2人目から、子供料金が必要です。

大人1人につき、無料の幼児(乳児)は1人までです。

 

例を挙げて、説明します。

  • 例1:大人1人、幼児1人、乳児1人の計3人で搭乗する場合
    大人1人につき、幼児(乳児)1人まで無料ですので、
    2人目からは、子供料金がかかります。
    大人1人+子供1人分の料金です。
  •  

  • 例2:大人2人、幼児1人、乳児1人の計4人で乗車する場合
    大人1人につき、幼児(乳児)1人まで無料ですので、
    大人2人分の料金です。

 

また、幼児・乳児が1人で座席を利用する際は、
電車と同様に、子供料金が必要です。

海外旅行など、フライト時間が長い場合は、
座席を確保したほうが、親の負担は少ないです。

飛行機には、「バシネット」という、
赤ちゃん用の、ベビーベッドもあります。

バシネットは、取り付けできる座席が決まっており、
数に限りがあるため、早めに予約しましょう。

 

いかがでしたか。電車と飛行機の子供料金が、
何歳から何歳までなのかと、
その料金について、ご紹介しました。

 
電車の場合、幼稚園児までは無料になりますので、
小学校入学前のお子様連れの場合、電車が使えるなら、
その方が安いことが多いです。

飛行機の場合、無料なのは2歳までで、3歳からは
子供料金がかかります。その上、割引も少なく、
大人の割引料金と、あまり変わらないことも多いです。

もし、家族旅行などで、電車か飛行機を利用
する場合は、お子様の年齢を考慮した上で、
どちらかオトクか、検討してみて下さいね!

スポンサーリンク

 - 小学生のママ向け, 未就学児のママ向け, 赤ちゃんのママ向け ,