Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mybox/mamatokodomo.info/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

幼稚園のお弁当箱!どのくらいの大きさがいい?

   

スポンサーリンク

幼稚園のためのお弁当
子どもにとって、初めて外で、家族以外と、
ご飯を食べる機会では、ないでしょうか?

 

お母さんにとっては、幼稚園に通う子どもが、
初めてであれば、お弁当に対して、
少し不安や、心配があるかもしれません。

 
私は、そうでした!
 

どんな物をお弁当箱に詰めようかなども、
心配の一つでした。

でも、それより前に、
お弁当箱の大きさをどうしようか、迷いました!

試行錯誤の結果、子どものお弁当箱の、
大きさを決めるに当たり、基準となるものを、
見つけましたよ!

スポンサーリンク

アドバイス

お弁当の大きさは、個人差がありますね。
男の子か女の子か、体が大きいか小さいか、
食欲が旺盛かなども、一人ひとり違います。

 
弁当箱も、二段弁当もあったり、
容量も300~600までと、さまざま。

では、弁当箱の大きさを決めるに当たり、
いくつかの判断材料を、ご紹介します。

  • 家でどのくらい食べるか
  • 最初は小さい目を
  • 大きくても工夫する

 

家ではどのくらい食べるか

まず、その子は家でどのくらい食べているか、
見てみましょう。

いつも子供が、食べている量を基準に、
お弁当箱に隙間なく詰められる大きさを、
選んでみましょう。

そうすれば、その基準にそって、
幼稚園にも、子どもにあった大きさの、
お弁当箱を持っていきます。

 
このチェックは、幼稚園に入園する前に
行いましょう。

スポンサーリンク

子どもにとって、この弁当箱では、
大きすぎか少なすぎか、わかりますよ。

 

精神的満足感を優先する

わたしの子どもは、幼稚園に通う頃、
食欲が旺盛で、家ではたくさん食べていました。

それで、いざ、幼稚園に通う時、
普段たくさん食べるので、450mlサイズの弁当箱を、
持たせたのですが、お弁当を残してきました。

 
「なんでだろう」と思って、
幼稚園の先生に、聞いてみました。

そしたら、子どもたちは、普段と違う環境で、
ご飯を食べるので、最初は、食べる量が少ないと、
教えてくれました。

子どもたちは、友達が一緒なので
食べることに集中できず、ご飯を残してくることが、
あるようです。

 

それで、最初は、「小さ目のお弁当箱」を、
もたせることを、お勧めします。

たくさん食べたという「満足感」よりも、
まずは「全部食べれた!」という、気持ちが大切です。

それで、小さ目のお弁当箱を、
持たせるようにしたら、結果が異なりました!
 

わたしの子どもも、家に帰って、お弁当箱を、
私に見せて、「全部食べたよ!」とうれしそうに、
私に話していました。

ですから、最初は「小さ目」のお弁当箱にし、
後、少しずつ
大きなサイズのお弁当箱に、していきましょう!

 

大きくても工夫する

実は、箱の大きさに、神経質になる必要が
ないのではないかと思います!

もしお弁当箱が大きくても、
詰め方や、工夫できます。

例えば、二段弁当(容量の合計が500mlぐらい)でも、
その中の一段を、フルーツゼリーにできます。
これで、子どもの食べる量より大きくても、対応できます。

また、子どもにとって、お弁当が小さくても
弁当箱には、おかずを入れて、「おにぎり」、
または「パン」、「フルーツ」を別に持たせられます。

 

まとめ

いかがでしたか?
幼稚園に持たせる、お弁当箱の大きさを決めるのに、
役に立つ情報を得られたでしょうか?

まずは他の子どもたちは、どんな大きさの弁当箱を、
持って行っているかではなく、自分の子にあった
サイズのお弁当箱を持っていかせましょう。
 

入園当初は、「300~400ml」の小さ目の弁当箱を、
選び、少しずつ弁当箱のサイズを大きくしましょう。

スポンサーリンク

 - 未就学児のママ向け ,